FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ストリートスリッパ?イギリスの老舗ブランドが提案する、街履きできるルームシューズ。

もうすぐ4月、春らしい陽気の日も多くなりましたね。暖かくなると気分も上がり出かけたくなるものです。

今回はそんなお出掛け気分を増長させる、素敵なシューズをご紹介致します。

34800-1024x767

イギリスの老舗ルームシューズブランドの『BOWHILL&ELLIOTT(ボウヒル&エリオット)』。数々の有名ブランドのルームシューズを手掛けるなど信頼が厚くファッション業界からは常に一目置かれています。

このBOWHILL&ELLIOTTが新たに開発したのがストリートスリッパ。英国シューズブランド独自の品を保ちつつ、ガンガン街履き出来る耐久性と履きやすさを兼ね備えたシューズです。

まずはスタイリングを交えてご紹介致します。

01100-575x1024

Cardigan:【EDIFICE】¥11,000+tax
Cut&sewn:【EDIFICE】¥6,500+tax
Pants:【EDIFICE】¥12,000+tax
Shoes:【EX BOWHILL&ELLIOTT】¥34,000+tax

この素材、実はフェイクスエードなので雨の日も気にせず履いて頂けます。

また別注にてアッパーに入っているアンカーとロープの刺繍を同色にし、シックに仕上げています。

11415-1024x767

トップスは素材をシューズと合わせて、フェイクスエードで。

06221-1024x767

パンツはスリッポンのスッキリしたシルエットを出すためくるぶし丈をチョイス。

07413-1024x767

レザーソールでなくラバーソールなので高い耐久性とクッション性を兼ね備えており、街履きには最適です。

14112-1024x767

色違いでパープルもご用意しています。

1802-1024x767

これからより一層、春らしくなりお花見やそれ以外でも出かける機会が増えるかと思います。スニーカーより上品で、革靴より快適なストリートスリッパを春のお供にしてはいかがでしょうか。

皆様のご来店こころよりお待ちしています。

元記事を読む

EDIFICE TOKYO(渋谷店)

こだわりを持ち、居心地良く空間演出された店舗で、高品質な商品と接客でエディフィス流の上品なスタイルを提案する大人の男のSHOP。

MORE FOR YOU

アウターを脱いでもだらしなくないセントジェームス(SAINT JAMES)のカットソー
究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方

RANKING

  1. 究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。