FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

メジャーなものからマイナーなものまで。プロが選ぶ「今欲しい革靴」はこれだ

カジュアルにも綺麗めにも対応できる革靴とは?

ドレススタイルの必需品ともあって革靴と聞くと、かっちりしたイメージが浮かんできますよね。しかし裏を返せばカジュアルなスタイルを引き締めてくれるアイテムとしても優秀なわけです。ただ、全ての革靴がその役割を担っている訳ではないので、ご注意を。

ということで今回は「カジュアルにも綺麗めにもハマる」革靴をご紹介。万能な革靴を探している方、要チェックです。

多くファンを魅了するブランドから

normal_98593943-1

ジャーナルスタンダード – DR.MARTENS / ドクターマーチン : EDITION ¥18,360(税込)

今なおストリートシーンで絶大な影響を与え続けているシューズブランド『DR.MARTENS』からは、タッセルローファーを。程よくボリューミーなデザインと、合わせやすいカラーリングが魅力的。頑強な素材と抜群のクッション性で、気兼ねなく履ける点もGood。

上品かつ「楽」な履き心地

normal_98593943-1

JOLI× OURET –  オパンケシューズ ¥32,400(税込)

『JOLI』×『OURET』のコラボによって製作されたこちらの一足は、無駄のないシンプルなルックスと抜群の履き心地が魅力的。アッパーに柔らかなオイルレザーを用いることで、購入直後からリラックス感のある履き心地を味わえます。そして特筆すべき点は「オパンケ製法」を採用することで生まれた、その驚くべき軽さ。品性を保ちつつも、まるでスニーカーを履いているかのような感覚に驚かされる一足です。

イタリアの職人芸が光る一足

normal_98593943-1

FRACAP(フラカップ) – レザー スリッポンシューズ (R005) ¥24,840(税込)

一目でわかるレザーの上質さと、程よくカジュアルなルックスのバランスが絶妙な『FRACAP』のレザースリッポン。全工程をほぼ1人の職人が担っているため、質実剛健なデザインの中にも、ハンドメイドの温かみを感じられる一足に仕上がっています。ソールにはビブラムソールを採用することで、履き心地も文句なし。楽な着脱で、レザーのエイジングも楽しめる魅力も詰まったアイテムです。

ロングセラーにはワケがある

normal_98593943-1

HARUTA – #850 “SPOCK” ¥8,640(税込)

昭和30年代から変わらないデザインでリリースされ続けている『HARUTA』の名作、#850 “SPOCK”。このドレス感のあるルックスと、汎用性の高いフォルムが長年愛される理由の一つでしょう。それでいて、リーズナブルな価格という点も嬉しいところですね。

木型から意識したストイックなフォルム

normal_98593943-1

alfredoBANNISTER – プレーンダービーシューズ ¥38,880(税込)

『alfredoBANNISTER』のプレーンダービーシューズは、程よい重厚感とミニマルなルックスが特徴的。ビジネスカジュアルを意識した木型のため、あらゆるコーデにマッチするスグレモノです。ソールには同ブランドカラーでもあるネイビーカラーでさりげないこだわりを表現。メインの一足としても、困った時の一足としても使えて◎。

クセのないデザインと軽やかな履き心地

normal_98593943-1

BOMCORVO – カウレザースリップオンシューズ ¥30,240(税込)

『BOMCORVO』のスリッポンシューズは、丸みを帯びたトゥと余計な装飾を排したデザインが心地よい一足。アッパーには上質な牛革を使用したヌメ革素材を使用。そしてアーチ(土踏まず)も日本人にフィットする形状に設計しているので、柔らかく快適な履き心地に。素足で履いてもサマになる、まさに粋なシューズです。

硬派なデザインと抜群の機能性

normal_98593943-1

CAPPS SHOE – Service Shoes ¥21,384(税込)

程よく男臭さを漂わせるルックスにグッとくる『CAPPS SHOE』のサービスシューズ。生産は全て熟練した職人たちの手によって行われており、その技術力は全米の警察、保安官、消防署等の公共機関にも供給されるほど。そんな経緯をもっているだけあり、履き心地はスニーカーのように軽いとか。ソールの減りも少なく、インソールも蒸れにくくクッション性に長けており、かなりの優等生です。

あらゆるコーデに好相性な革靴は、一足あるだけで本当に助かります。革靴はなんとなくドレス色が強くて抵抗が…、と考えている方、まずは上記のアイテムからせめてみることを勧めます。

またアプリでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品
【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド