FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

80年代のIVYブームを牽引したシャツメーカーから、JS別注モデルが登場。

sero-JS_01

SERO:×JS別注 クレージーボタンダウンシャツ ¥12,960(税込)

1929年に創業した、アメリカの老舗シャツメーカー『SERO(セロ)』。80年代のIVYブームを牽引し、現在も高クオリティながらも手に取りやすい価格でアメリカ製のシャツを展開するブランドです。

今シーズン、そんな『SERO』からジャーナルスタンダード別注モデルが登場。同ブランドの定番とも言えるボタンダウンシャツをベースに、型からオーダーしたというクレイジーパターンのストライプシャツは、なかなか目を引く仕上がりです。

トップス一枚で過ごすことが多くなるこれからの季節。ちょっと派手すぎるかも…と思う方もいるかもしれませんが、重ね着ができない今の時期はこのくらいがちょうどいいんです。合わせるパンツは、チノパン、デニム、スラックスなど、なんでもござれ。せっかく暖かくなったことですし、春気分を盛り立てるシャツを手に入れてみてください。

MORE FOR YOU

アウターを脱いでもだらしなくないセントジェームス(SAINT JAMES)のカットソー
究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方

RANKING

  1. 究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。