FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

春コーデに一足は欲しい。今買うなら「軽い印象のスニーカー」がイイ

この春は軽い印象の白スニーカーが履きたい

暖かくなり軽装になっていく中、スニーカーの選び方も少し変えていきたいところです。せっかく、スタイリングは軽く仕上げたのにゴツいスニーカーを選んで足元だけ重い印象になってしまっては台無しですからね…。

そこで春の軽装にオススメしたいのが、爽やかで軽い印象を与えてくれる「白スニーカー」です。今回はショップスタッフが教えてくれた、白スニーカーをご紹介するのでぜひご参考にどうぞ!

adidasの名作がスリッポンに

normal_98593943-1

ADIDAS ORIGINALS / アディダス オリジナルス – SUPERSTAR SlipOn ¥9,709(税込)

スッキリとしたデザインで小洒落た雰囲気の一足が欲しいなら、『adidas Originals』の名作・スーパースターのスリッポンタイプがオススメ。お馴染みの三本線の代わりに、ネオプレンのアッパーに交差させたエラスティックのストラップがポイントです。また、メッシュのライニングとラバーカップソールなど、SUPERSTARの良い所をしっかりと継承しているのも◎。

長く愛用できる「帆布」のスニーカー

normal_98593943-1

PRAS – SHELLCAP LOW ¥14,040(税込)

アッパーにオリジナルの児島帆布を使用した、久留米製バルカナイズドスニーカーを展開する『PRAS』。岡山で作られる児島帆布は通気性が良く、とても丈夫で、使い込むほど味が出るのが特徴。バルカナイズド製法ということも相まって、長く愛用できるというのが嬉しいですね。

アッパーの異素材切り替えが特徴

normal_98593943-1ALFREDO BANNISTER IN – 切替スリッポンスニーカー ¥21,600(税込)

スムースレザーとヌバックのコンビデザインでアクセントを付けつつも、ミニマムな印象にまとめた『ALFREDO BANNISTER IN』のスリッポン。キャンバススニーカーではカジュアル過ぎて普段のスタイルと合わない…なんて人に打ってつけの一足です。

ニューバランスの集合体のようなアッパーデザイン

normal_98593943-1

Newbalance – MRL247 ¥9,504(税込)

日々のライフタイルシーンを快適にサポートするというコンセプトのもとに製作された『New Balance』のMRL247。軽量でクッション性に優れたREVLITEソールを採用しているので履き心地は言わずもがな、1300や576といった名作モデルのデザインエッセンスを取り入れた独創的なアッパーデザインにも注目したい一足です。

いつものジャーマントレーナーとは一味違います

normal_98593943-1

REPRODUCTION OF FOUND – REPRODUCTION OF FOUND 別注 ジャーマンスリッポンスニーカー ¥22,464(税込)

世界各地のミリタリーシューズを現代的にアップデートさせたスニーカーを展開する『REPRODUCTION OF FOUND』。今作はEDIFICEが別注を掛けたエクスクルーシブモデルで、ジャーマントレーナーをベースに、内側にエラスティックを仕込むことで紐なしでも履ける2WAY仕様にアレンジされているのが特徴です。

白スニーカーは軽いのはもちろん、清潔感もあるのが良いんですよね。爽やかなスタイリングがしたいなら、白スニーカーはマストで持っておきたいところです。

またアプリでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/27~3/05】
【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド