FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「絶妙な素材感とシルエット」。プロが選ぶ、イカしたデザインのシャツ5選

たまには”曲者”もいいんじゃない?

ベーシックなシャツを一通り揃えたのならば、デザインの効いた「遊べる」シャツも一枚は欲しいところです。しかしながら、着こなすのが難しい、目立ちすぎるなど、手を出しにくいイメージがあるのも事実。

そこで今回は「個性的だけど手を出しやすい」シャツをピックアップ!ショップスタッフが選んでくれた、一枚でスタイリングを格上げしてくれるシャツたち、要チェックです。

育て甲斐のある一枚

normal_98593943-1

nest Robe CONFECT – Indigo Dyed Linen No-Collar Shirt ¥24,840(税込)

高密度のリネン生地を用いた、『nest Robe CONFECT』のノーカラーシャツ。両腰のパッチポケットや前立てのないフロントなど、往年のワークシャツやミリタリーウェアのディテールを落とし込んだ点が魅力的。また丁寧なインディゴ染めを施すことで、豊かなエイジングを心置きなく楽しめるところに惹かれます。

襟元のデザインがインパクト大

normal_98593943-1

nisica – ガンジーシャツ ¥15,120(税込)

特徴的な襟元がアイテムに独特の存在感を与えている『nisica』のガンジーシャツ。ボタンを上まで留めて着用しても、ボタンを外してシャツアウターのように着てもサマになる一枚です。洗濯後にアイロンをかけなくてもいい仕様も嬉しいところ。シンプルなスタイリングのアクセントとして是非。

ポテンシャルを感じさせるデザイン

normal_98593943-1

Upscape Audience – コーマタイプライターC/Nヘンリー9/Sカットシャツ ¥7,452(税込)

トレンド感のあるオーバーサイズのシルエットが特徴的な『Upscape Audience』のプルオーバーシャツ。長めに設定された後ろ身頃、すっきりとしたノーカラーの襟元で、インナー使いによって着こなしに幅が広がる一枚です。物足りなさを感じる春夏のコーディネートにも持ってこい。

さりげない個性がツボにハマります

normal_98593943-1

RYUYA KIMURA – ファインパターン オープンカラーシャツ ¥21,060(税込)

シックなカラーリングのボディに小紋柄を大胆に施した、『RYUYA KIMURA』のオープンカラーシャツ。抜群の通気性と撥水性を誇る「VENTOENE」という素材を採用し、さらりとした着心地を実現。随所に施されたこだわりが光る、普通なようで普通じゃないシャツをお探しの方にオススメしたい一枚です。

和装にインスピレーションを受けた一枚

normal_98593943-1

ROTAR – Japanese Work Denim Shirt ¥15,660(税込)

日本の祭り着「鯉口」をアレンジし、モダンにアップデートさせた『ROTAR』のワークシャツ。動きやすさを考慮した脇のデザインや、ゆとりのあるシルエットによって、ストレスを感じさせない着心地を実現。デニム生地の使用や左胸のチェーン刺繍もオリジナリティがあっていいですね。

デザインと素材使いで上品さを

normal_98593943-1

joswick – ROBE COLLOR L/S SHIRTS ¥23,760(税込)

『JOSWICK』のローブカラーシャツは、滑らかな肌触りとマットなで落ち着きのある質感を備えたデニム生地が高級感を生み出している一枚。一枚で着用してコーデの主役にするのも良し、アウターのインナーとして忍ばせるも良しと、個性的ながらもとにかく使えるアイテムです。

いかがでしたか?ファッションをより楽しむために、アイテムが持つデザインを存分に楽しめる心の余裕は是非欲しいところ。この機会に一枚手に入れておくのもアリだと思いますよ。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ
初の生配信!本日20時から「いいお店」というテーマで話します。 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  5. 厄介なコーデュロイパンツ。メンズ服好きによるお手本コーデと避けたい着こなし