FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

週末のお出かけはこれで決まり!プロが選んだ「週末に履きたい」シューズをご紹介

週末には何を履こう

平日はずっとビジネス用の革靴を履いてるなら、せめて週末くらいはいつも雰囲気の違う靴を履いて気分転換を図りたいところ。しかし、いざ選ぶとなると、選択肢が多すぎるせいか定番ブランドに落ち着いてしまいがち。

そこで今回は、ショップスタッフが選んだ「週末に履きたい一足」をご紹介。週末にぴったりな雰囲気で、人ともかぶりにくいものが揃っています。ぜひご覧ください!

ミニマルなデザインに惹かれます

normal_98593943-1

BOMCORVO – カウレザースリップオンシューズ ¥30,240(税込)

余計な装飾を排したミニマルな見た目と丸みを帯びたトゥが不思議な魅力を放つ、『BOMCORVO』のスリッポン。インソールには高反発のクッションを採用し、土踏まず(アーチ)を日本人の足型に沿わせたデザインにすることで快適な履き心地を実現。ソックスを見せて履いても、素足で軽やかに履いてもサマになる一足です。

トラッド感溢れるローファー

normal_98593943-1

Paraboot – CORAUX / コロー ¥29,160(税込)

『Paraboot』の定番デッキシューズをベースに製作された、こちらのコインローファー。アウトソールにはフランス海軍にも正式採用されているマリンソールを採用し、光沢感と革馴染みの良さが特徴のオイルドレザーを搭載。上品な佇まいですが、かしこまり過ぎず、スニーカー感覚で履ける一足です。

職人芸を感じさせる一足

normal_98593943-1

FRACAP – レザー スリッポンシューズ (R005) ¥24,840(税込)

高い完成度と丈夫な縫製で永く愛用できる、イタリアの老舗ブランド『FRACAP』のレザースリッポン。上質なレザーを贅沢に使用したアッパー、軽さとクッション性を兼ね備えたビブラムソールを用いることで、品のある雰囲気と快適な履き心地を実現しています。スリッポンタイプなので着脱が容易な点も嬉しいところ。

踏み履きできるローファー

normal_98593943-1

alfredoBANNISTER – 踏み履きローファー ¥23,760(税込)

「リラックススタイル」をキーワードに作られた、『alfredoBANNISTER』のコインローファー。あえて踵の芯を抜くことでミュールとしても履ける2WAY仕様になっているのがポイント。また、柔らかなレザーとクッション性を高めたインソールのおかげで履き心地も良好です。

ハンドメイドの温もり

normal_98593943-1

RUSSELL MOCCASIN – “PREMIER” walking moccasin ¥71,280(税込)

熟練された職人によって一足一足丁寧に作り上げられる、『RUSSELL MOCCASIN』のモカシンシューズ。こちらは数あるラッセルの靴の中でも、日常生活での履きやすさを追求して作られたモデルで、革靴とは思えないほど歩きやすいのが特徴です。スラックスにもデニムにも合わせられる適度なボリュームを持った品格のあるデザインもさすが。

上記のアイテムの共通点は、「品の良さ」と「履き心地の良さ」。オフの日といえども、やっぱり品格は保っておきたいところですね。とりあえず今回紹介したシューズを手に入れておけば、そこら辺は間違いないかと。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

どうしてもミックステープが聴きたくて。 #ととのいま品
夏になると履きたくなるヴァンズのオールドスクール。 #今週の一足
見逃し厳禁なヤングアンドオルセン。大人向けプリントTがEDIFICEに入荷中です。
半袖が苦手な大人へ。肘が隠れる半端丈トップスのすすめ。
父の日ギフトにおすすめのパイルT、サンダルetc.|今週末の買い物メモ#06
地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選