FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

大人の手元は、これで正解。「ハイセンス」なカジュアル腕時計6選

カジュアルで、いい感じな腕時計とは?

ビジネス用ならまだしも、カジュアルな服装に合わせる腕時計となるとその種類も膨大。色合いから素材感まで、何にこだわればいいのかがイマイチわからなかったり。“いい感じ”の一本ってなかなか見つけにくいんです。

そんな時は、ファッションのプロに解決してもらうのが最善。というわけで今回は、ショップスタッフがオススメする、カジュアルで間違いなしなデザインの腕時計をご紹介します。

最高級のレザーストラップに注目

normal_98593943-1

TIMEX – Waterbury TW2P84300 RED WING Leather ¥32,400(税込)

まずは、1854年生まれの老舗ブランド『TIMEX』が手がける「Waterbury」コレクションの一本。世界でまだ2つのブランドしか使用できないというS.B.Foot社の「Red Wing Shoe Leather」をストラップに用いた、高級感溢れるルックスが特徴です。ドーム状に湾曲した風防や、無骨な文字盤のデザインもミリタリー感たっぷり。タフさと繊細さが両立した、デキる男にふさわしい腕時計です。 

ブレスレット感覚で楽しめる個性派

normal_98593943-1

nejicommu – COMBINE DOUBLE ¥30,780(税込)

お次は、2001年にスタートしたハンドメイドアクセサリーブランド『nejicommu』の腕時計。二重に巻いて着用できる、細長いストラップがユニークな印象です。ホワイトの文字盤とヌーディな色味のカウレザーが醸すナチュラルな雰囲気も良く、コーディネートのさりげない引き立て役になってくれます。ユニセックスで着用できるので、プレゼントにも最適ですよ。

開封後の「ひと手間」が要

normal_98593943-1

INSTRMNT – K-100 ¥37,800(税込)

イギリス・グラスゴー生まれの新進ブランド『INSTRMNT』は、ミニマルなデザインと上品なカラーリングが魅力です。ベルトにはイタリア製のラバーを、ムーブメントにはスイス製のクオーツ式を採用して、作り込みもまさに本格志向。開封時は時計とベルトが別れた状態で収納されていて、専用の工具で組み立てることで初めて使用できるというユニークな”ひと手間”にも愛着が湧きます。

アンティークウォッチ顔負けの風格

normal_98593943-1

Messerschmitt – 1H 101R ¥36,504(税込)

ドイツの職人によってハンドメイドで製作される『Messerschmitt』の腕時計。ミリタリーウォッチをベースにした質実剛健なフォルムが男心に刺さります。飴色のケースとレザーのベルトには気品が漂い、使い込むほどに豊かな経年変化が生まれる点もGood。ミリタリーウォッチらしいタフさも相まって、オン・オフ問わずガンガン着用したい一本です。

“北欧感”漂うミニマルデザイン

normal_98593943-1

TID WATCH – 時計 ¥32,400(税込)

スウェーデン発『TID WATCH』の腕時計は、余白を活かした北欧らしいデザインが特徴。やや大ぶりに作られているので、シンプルながらもインパクト抜群です。ベルトにはベジタブルタンニングの滑らかな牛革を使用して、つけ心地も申し分ナシ。レディースサイズ・メンズサイズどちらも用意されているので、ペアウォッチにも最適ですよ。

ガツンと上品なイタリアメイド

1

ILBISONTE – レザーベルトウォッチ ¥35,640(税込)

最後は、イタリア発の有名レザーブランド『ILBISONTE』の腕時計。文字盤もベルトも重厚な作りで、腕時計にもしっかり存在感を求めたい方にぴったりなルックスです。素材選びや縫製を全てイタリア国内で完結させるなど、質へのこだわりも充分。文字盤はブラック・ホワイトの二色。ベルトも写真のブラウンのほか多数展開されていて、自分好みにカスタマイズできる点も嬉しいですね。

半袖が増えるこれからの時期、特にこだわりたい腕時計。今から手に入れるなら、まずはプロも勧める安定のブランドから試してみるのも一つの手ですよ。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【1/16~1/22】
【SHOP BLOG】ポーランド発バッグブランドのガチめなバックパック。
【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選