FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

このデニムを狙ってます!編アシがGW購入濃厚の一本

春という季節的な要因もあってのことか、ここ最近デニムに目がない私(編アシ)。古着屋で、ある程度名のあるブランドのデニムを買い漁ったり、プレ値のヴィンテージデニムを見てニタニタしてきたのですが、そろそろ「いいモノが欲しい」と思い模索したところ「ビビット」来たのが、この一本。

normal_98593943-1

JOSWICK – PREATED DENIM STANDARD ¥31,320(税込)

NEW YORKにおいては知る人ぞ知るデニムのリプロダクトマスターのデザイナーが手掛ける『JOSWICK』のプリーツデニム。セレブを中心に、数多くのファッショニスタを魅了するブランドだけあり、かなり作りが凝っているんです。

そんな業界人も魅了する1つの要因が、シルエット。野暮ったさを感じさせない気品のあるシルエットで、フロントプリーツを施したトラウザーズのような雰囲気を演出しています。また股上が深く、全体的にややゆとりのあるものになっています。ジャケットとの相性ったらもう…。

さらに、生地はリーバイスに100年以上生地提供する、コーミルズ社製のものを採用。どこかシックな印象さえ感じる濃紺のルックスが堪りませんよね。生地も柔らかく、穿き馴染みも絶品なのだとか。

original_029c16e0

original_3b7931a4

original_3776ac42

ご覧の通り、ヴィンテージデニムのディテールデザインを踏襲したボタンフライ、革パッチ、赤耳もぎっしり詰まっています。これはデニム好事家も唸るわけですよ。というわけで、GWのこれ買うよという報告でした。

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介