FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

そろそろ手に入れたい「ポケT」。プロがオススメするのはこんな7枚です

「これはオススメ!」というポケTを教えてください。

「無地は物足りないけど、グラフィックが入るのは派手すぎる」という時、ほどよい主張をしてくれるポケT。来たる夏に向けて、一枚と言わず手に入れたいところですね。

今回は、そんな時に知っておきたい、秀逸なポケTをご紹介。今後手放せなくなること請け合いな高品質ばかりなので、要チェックですよ!

さりげない刺繍が存在感大

normal_98593943-1

ROTAR – Lip 1p Pocket Tee ¥5,400(税込)

まずは、ユニークなアイデアと男のロマンが詰まったアイテムを手がける『ROTAR』のTシャツから。7.1オンスのヘビーな生地を採用した、とにかくタフな作りが特徴です。首元はダブルステッチで補強することで、Tシャツにありがちな”へたれ”を回避。ポケットの上にあしらわれたセクシーな刺繍や、裾部分のヴィンテージテイストなタグなど、ブランドらしいワンポイントも目を引きます。

ヘビーユースに最適な高品質

normal_98593943-1

nest Robe CONFECT – Heavy Weight Pocket T-Shirt ¥8,640(税込)

お次は、厚手で目のしっかりと詰まった「14番手度詰天竺」を用いた、『nest Robe CONFECT』のTシャツ。極上の肌触りに加えて、脇の継ぎ目を無くした「丸胴編み」のボディがストレスフリーな着心地を実現しています。ゆったりとしつつもルーズさのない絶妙なシルエットも良く、一枚でもインパクトは十二分。透けにくさ、へこたれなさ、デザインの三拍子揃った、ヘビロテ必死の逸品です。

織物の名所で手がけるオーセンティック

normal_98593943-1

Jackman- Dotsme Pocket T-shirt (JM5766) ¥8,640(税込)

福井県発の老舗ファクトリーブランド『Jackman』が手がける、ベーシックなポケTです。日本でも数少ない「吊り編み機」で編み立てた高密度な生地はとにかくタフで、”透け”とは無縁な仕上がりに。裾の両脇にはスリットが入り、ロンTやシャツとのレイヤードにもぴったり。大量生産のTシャツには見られない、凹凸感のある風合いも魅力です。

サイドの切り替えに一癖アリ

normal_98593943-1

Garage.U.W – Garage.U.W SIDE WEAVE TEE ¥9,720(税込)

川越のセレクトショップ『Garage』のオリジナルブランドが手がけたポケTです。細番手の糸を二本撚り合せた「双糸」をたっぷりと編みこんだ生地は、とにかくしなやかで強靭。サイドに配された立体的な切り替えもポイントで、ルックスの個性だけでなく独特の”落ち感”も実現しています。ただシンプルなだけでない、一癖が欲しい方にぴったりな一枚。

「いつもの」と言わせないドレッシーさ

normal_98593943-1

EEL Products – クラフトニット ¥17,064(税込)

ありきたりな生地では物足りない、という方には、『EEL Products』のコットンニットTがオススメ。とにかく滑らかな肌触りと広い身幅が生むリラックス感が、夏場でも快適で上質な着心地を確保してくれます。ニットの裏面をあえておもて面として使用するなど、さりげない遊び心も◎。汎用性と個性を両立した、独自のデイリーウェアを手がけるブランドらしい一着です。

工場からこだわった、一級品

normal_98593943-1

DE BONNE FACTURE – COTTON TERRY SHIRTS ¥17,280(税込)

エルメスでプロダクトマネージャーを務めたデザイナーによる、フランス発ブランド『DE BONNE FACTURE』のTシャツ。タオル生地のような肌触りのコットン素材を採用し、とにかく快適な着心地です。加えて、工場から厳選したという上質な仕立ても流石の一言。ありそうでない絶妙なベージュの色味も相まって、一度身につけたら虜になること請け合いです。

なんだかんだで「パックT」に落ち着いたり

normal_98593943-1

Velvasheen – pack Tee ¥4,500(税込)

最後は、1932年にオハイオ州で創業した老舗スポーツウェアブランド『Velvasheen』のポケTです。アメリカ海兵隊のコスチュームボディに採用された実績のあるブランドだけに、タフさは申し分なし。その確かな作りにはメイドインUSAのプライドが感じられます。2枚セットでアンダー5千円という好コスパも手伝って、複数買いも射程圏内な大定番。

そのポケットを使うかどうかは別として、あるとないのでは大きな差。寂しくなりがちな夏コーデの立役者として、ポケTを選んでみてはいかがでしょうか?

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね。

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。