FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

アクセサリー初心者必見。男性でも「いやらしくない」絶妙なバングル3選

普段あまりつけませんが、男性でもいやらしくないバングルが欲しいです。

半袖を着る機会が増えるこれからの時期、コーディネートのアクセントとして活躍してくれるバングル。素材感やデザインがハマれば”こなれ感”のあるスタイルを実現できますが、一歩間違えるとギラギラした印象を与えてしまうことも。慎重に吟味したいところですが、選び慣れていないと何が正解なのか分かりにくいですよね。

そこで今回はプロも絶賛する”丁度いいデザイン”のバングルをご紹介。これさえ知っておけば、迷うことなく選べるはずです。

ゴツいけどいかつくない、絶妙なバランス

normal_98593943-1

ouret – 【2018 SS】インダストリアル シルバーバングル ¥43,200(税込)

まずは、都会的でリラックス感漂う大人のアイテムを提案している『ouret』のシルバーバングルから。ボリューム感ある5ミリ角のシルバーをそのまま曲げた、大胆なデザインが特徴です。サイズはやや大きめながら、マットな質感が全体を落ち着いた印象にまとめ上げているので、いやらしさはゼロ。さりげなさと存在感が同居した、玄人も唸る逸品です。

さりげないジャポニスムがツボ

normal_98593943-1

ARGENT GLEAM – 唐草バングル ¥21,600(税込)

お次は、ゴシックなデザインと緻密な技術力が魅力のブランド『ARGENT GLEAM』によるバングル。唐草模様を高貴な図案へ昇華した、ユニークなモチーフが目を引きます。ボディの華奢さやシルバーの光沢感も品があり、さりげないアクセントとしても最適。オールドイングリッシュを刻んだ別バージョンと一緒に重ね付けするのもオススメですよ。

やはり安定感ある、インディアンジュエリー

normal_98593943-1

インディアンジュエリー – ナバホ族 Tom Hawk 1ライン ストレート バングル R24-047 ¥19,440(税込)

最後は、インディアンジュエリー製作の代名詞的存在である「ナバホ族」のアーティスト、トム・ホークによるバングル。シルバーのボディにブラックのラインが二本入った、ミニマルな中にモード感すら漂うルックスです。モノトーンの配色や重厚な素材感が男らしく、Tシャツやデニムとの相性もバッチリ。デザインの馴染みやすさや価格の安さも相まって、初めて買う一本としても最適ですよ。

男らしさを避けるのではなく、”男らしくいきつつ、デザインは控えめ”を目指すのが、いやらしさなくアクセサリーを取り入れるコツだったり。ぜひ今年のアクセサリー選びの参考にしてみてください。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ
初の生配信!本日20時から「いいお店」というテーマで話します。 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  5. 厄介なコーデュロイパンツ。メンズ服好きによるお手本コーデと避けたい着こなし