FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

人混みでも安心。フェスに使える「コンパクト」な優秀バッグをご紹介。

夏だ!海だ!フェスだ!

音楽を始め、フードやビール、さらにはメロンパン(?)まで、最近は多分野にわたって開催される「フェス」。夏の風物詩の花火大会に並んで人気を博す夏の一大イベントになってきましたね。ともすれば、それ相応の装いの準備しないと…ですよね。

そこで今回は、フェスで使える小さめサイズのバッグをご紹介。リュックでは人混みの中で身動きが取りづらいですからね。最小限の手荷物だけを入れられて、かつ両手がふさがらないコンパクトなバッグのご準備をオススメ致します。では、ご覧あれ。

ヨットの帆と同じ強度抜群素材

normal_98593943-1

EDIFICE – BURLAP OUTFITTER X-PACMOBILE OFFICEサコッシュ ¥5,184(税込)

こちらは、ヨットの帆に使われるX-PAC素材を使用した『EDIFICE』のサコッシュです。丈夫で水に強く軽量なX-PACは、まさにアウトドアシーンにぴったりな素材。内部にはメッシュポケットやカードケースが配され、小銭や各種カードなどの収納に便利な作りに。カラバリも豊富なので、好みに合わせて使えるのも嬉しいポイントですね。

クラシカルな色合いが◎

normal_98593943-1

MT.RAINIER DESIGN – MRD ORIGINAL HIP PACK ¥7,776(税込)

クラシカルな雰囲気が漂う『MT.RAINIER DESIGN』のヒップバッグ。ボディにロクヨンクロスを使用しているため簡単にはへたれません。内部にはジップポケットが付き、収納力も申し分なし。ウエストバッグとしてはもちろん、サコッシュとしても扱える一品です。

縦横どちらでも使える設計

normal_98593943-1

PARROT CANVAS – MIDIUM ORGANIZER ¥5,292(税込)

『PARROT CANVAS』のバッグは、4か所に配されたDカンによって縦横どちらでも使えるように設計されています。長時間身に着けていても負担にならない素材で、サイズ感はコンパクト。内部は2つに分けられているので、整理しやすい点も魅力的です。

洗練されたスタイリッシュなデザイン

normal_98593943-1

aniary – SCALE LEATHER SHOULDER ¥27,000(税込)

独特な表情に目を惹くスケイルレザーを用いた『aniary』の舟形ショルダーバッグ。この舟形が身体にしっかり寄り添い、ものを出し入れする際にとても便利な形状なんです。また、ファスナー部分が見えないように設計されており、レザーと相まって、洗練された一品に仕上がっています。

見た目以上の収納力

normal_98593943-1

Aiguille – ウエストバッグ ¥9,504(税込)

北イングランドにあるプロ仕様のマウンテンギア・メーカー『Aiguille』のウエストバッグ。撥水性のある丈夫な生地を使用しているため、アウトドアシーンにぴったりです。内部にはジッパーとキーループが付いており、見た目以上の収能力を持っています。かわいらしい存在感あるブランドタグもギアメーカーらしいですね。

個性派ならコレ

normal_98593943-1

ALDIES – Leymah Shoulder Bag ¥9,612(税込)

チロリアンテープが可愛い『ALDIES』のショルダーバッグ。フラップとボディのユニークな色の組み合わせが、一目でインパクトを与えるアイテムです。コンパクトながらも500mlのペットボトルが2本入るサイズは使い勝手良し。チロリアンテープが背負った際のアクセントになる、個性派さんにおすすめバッグです。

とにかくコンパクト重視

normal_98593943-1

BRIEFING – TRIPOD ¥16,200(税込)

コンパクトなサイズ感が特徴の『BRIEFING』の斜め掛けバッグ。車のカギや小銭など、ちょっとしたものを持ち運ぶのに便利なアイテムです。特に身軽に動きたい音楽フェスにもってこいのサイズ感。また主張しすぎない色合いなので、普段使いにも十分活かせるのも魅力的ですね。

夏フェスで使えるバッグをご紹介しました。人が沢山あつまるフェスは、貴重品の管理は自己責任。身の回りのものが収納できて、両手が空く小さめのバッグは必需品ですよ!

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】〈CURLY〉から裏毛プルオーバーパーカーが初登場!
【編集部ラジオ】vol.34│失敗しない(?)福袋の選び方、冬の防寒インナー事情など
アラフォーにも刺さる〈シュプリーム〉のリジッドデニム #ととのいま品
【SHOP BLOG】真冬のマストバイ!「寒さを撃退する」キャンバーの肉厚パーカー
〈THE NORTH FACE〉の定番アウターは色で差別化すべし! #ととのいま品
ゴールド刺繍のアークテリクス #ととのいま品

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選