FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

休日のちょっとした外出専用に。地味に頼れる「小さめバッグ」

ちょっとした買い物や、休日の飲み会のときに使えるバッグって?

休日のちょっとした外出のときは、財布にスマホ、家の鍵くらいの必要最低限の荷物で身軽に出かけたいところ。ただ、それらの荷物をポケットに無理やり詰め込んでしまうとパンツのシルエットが汚く見えたり、動きにくかったりと不便なことも多々…。

そこで今回は、ちょっとした外出のときに重宝する「小さめバッグ」をピックアップ。ポケットはパンパンになるけどバッグを使うまでもない…なんてときに活躍してくれるバッグが揃ったのでぜひご参考にどうぞ!

見た目からは想像できないタフさ

normal_98593943-1

RAWLOW MOUNTAIN WORKS – TIBITIBI TOTE (OATMEAL) ¥6,156(税込)

見た目の可愛らしさからは想像できないタフさを誇る、『RAWLOW MOUNTAIN WORKS』のミニバッグ。タフな1000デニールナイロンとダイニーマを組み合わせた生地は、アウトドアでも使えるくらい丈夫です。ショルダーストラップは取り外しできるので、ハンドル部分にカラビナを付けてチョークバックとして使うのもアリ。

ヴィンテージ感漂う逸品

normal_98593943-1

KAPTAIN SUNSHINE×SIERRA DESIGNS – JS/別注 ウエストポーチ マルチカラー ¥12,960(税込)

90’sムード溢れる『KAPTAIN SUNSHINE×SIERRA DESIGNS』のJS別注ウエストポーチ。今年で50周年を迎える、SIERRA DESIGNSのマウンテンパーカの配色をモチーフにしたクレイジーパターンは、小さいながらも存在感抜群。サイドに小さいポケットが独立して付いているので、収納力も高しです。

ロゴやカラーリングが洒落た雰囲気

normal_98593943-1

MT.RAINIER DESIGN – MRD ORIGINAL HIP PACK ¥7,776(税込)

アウトドアの定番素材「60/40クロス」で作られた『MT.RAINIER DESIGN』のヒップバッグは、レトロでクラシカルな表情が魅力。巷で流行りのサコッシュよりも少し大きめのサイズ感なので、必要最低限の荷物だけじゃなく本やペットボトルなども一緒に持ち歩けるのが嬉しいところ。

ミニマルなデザインながらも高機能

normal_98593943-1

Beruf – Stroll Bodypack NC ¥24,624(税込)

サイクリストに向け、心地よさと機能性を追求して作られた『Beruf』のロールトップ型ボディパック。一般的なアウトドアブランドよりもミニマルなデザインに仕上がっているので、日常使いも何のその。ロールトップ型は収納力が高く、出先で急に荷物が増えたときにも対応できるというのもポイントです。

身体にしっかりとフィットします

normal_98593943-1

aniary – SCALE LEATHER SHOULDER ¥27,000(税込)

身体にしっかりとフィットする“舟形”で作られた『aniary』のショルダーバッグ。舟形はバッグを手前に動かしやすい形状なので、さっと荷物を取り出せるのが良いところ。また、スネーク調の独特の風合いが魅力的なスケイルレザーを採用しているので、キレイめな服装との相性もバッチリです。

一度買うと手放せなくなるほど使い勝手が良い、ミニバッグ。「このくらいのサイズなら要らなくない?」なんて手ぶら派の人も一度騙されたと思って使ってみてください。手ぶら派だったからこそ、きっとその使いやすさが分かるはず…。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。