FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

服好き直伝。「開襟シャツ」の着こなし&おすすめブランド6選

original_e7d1684d

今年も要注目、開襟シャツ

ベーシックなシャツよりも開放感があり、コーディネートを一気に夏らしくしてくれる開襟シャツ。昨年FACYでも大々的に特集した注目アイテムですが、その人気は今年も右肩上がり。2018年もそのトレンド感をガンガン取り入れていきたいですね。

そこで今回は、開襟シャツのおすすめコーデと、ショップスタッフがFACY上でオススメしてくれたブランドをご紹介!他では手に入らないリアルなお役立ち情報が集まったので、要チェックですよ。


最初に知っておきたい、開襟シャツのこと。

original_00fed97d

■そもそも開襟シャツって何?

本題に入る前に、まずは意外に曖昧な開襟シャツの”いろは”をご説明。開襟シャツとは「オープンカラーシャツ」とも呼ばれる、胸元の開いたシャツのこと。襟の下の前立て(フロントボタンを留める部分)が少し折れた、ジャケットのラペルのような形の襟が特徴です。

通気性がいい着心地に加えて、素材にはレーヨンや麻など涼しげな素材が多く使われることから、温暖な地域の民族衣装に用いられることも。沖縄の「かりゆし」やハワイの「アロハシャツ」が有名ですね。

original_08cd40c7

■開襟シャツはどう着たらいい?

ネクタイの着用が想定されていないデザインの開襟シャツは、別名「パジャマシャツ」とも称されるほどリラックス感たっぷりなアイテムです。その個性を活かすためにも、肩がやや落ちるくらいのサイズを選ぶのがオススメです。

着用の際は、胸元を全開にするとラフすぎる印象を与えかねないので、首の詰まったカットソーを重ね着するのがベターですよ。

開襟シャツを使ったおすすめコーデ

開襟シャツのことがわかったところで、次は実践編。ショップ店員によるこなれたコーディネートをぜひ参考にしてみてください。

original_c9e2cabc

■ビジカジにもぴったりな、スマート×アクティブコーデ

こちらは、ラコステの別注シャツを使ったEDIFICEスタッフのコーデ。開襟シャツの大人らしいネイビーにチェック柄のパンツが映えます。すっきりした丈感のトップスに適度にワイドなボトムスを合わせる絶妙なバランス感覚も◎。

ともすれば”優等生”すぎてしまう眼鏡×シャツの組み合わせは、白スニーカーと小物のバックパックで爽やかかつカジュアルな印象にアップ。手元の大ぶりなアクセサリーも夏らしさ満点ですね。

opencolor-shirts
■色と柄で遊ぶ、大人の技アリコーデ

お次は『ABAHOUSE』の開襟シャツを使ったコーディネート。トップスにはピンク×ネイビーという新鮮な配色のストライプ柄を、ボトムスにはネイビーを採用したバランス良好な色&柄使いです。

リラックス感ある長めの袖丈とのメリハリをつけるため、裾はタックイン。ボトムスのロールアップで足元をすっきりさせたり、サンダルとベルトの素材を黒のレザーで統一するなど、さりげない小技にも注目です。


開襟シャツを買うならチェックすべき6ブランド

今回集まったのは、FACY上でショップスタッフが提案してくれた”まず持っておいて間違いない”服好き自らも愛用する6ブランド。ショップスタッフによるオススメポイントと合わせてチェックしておいてください。

1.SUN SURF

normal_98593943-1
SUNSURF×JS
TK1821

¥11,664(税込)

まずは、日本発のアロハシャツブランド『SUNSURF』から。米軍も愛用した高品質なスカジャンで有名な「東洋エンタープライズ」が手がけるブランドだけあり、そのクオリティは随一です。40〜50年代のヴィンテージを忠実に再現したデザインはコレクターの間でも評価が高く、ありきたりでない本格派な柄シャツが欲しい方にオススメです。

ジャーナルスタンダードが別注をかけたこちらの「THE LIGHTHOUSE」は、50年代アメリカのリゾートブームを象徴する灯台柄をあしらった一着。

original_61ae5c16
当時の雰囲気を残したノスタルジックな佇まいながら、シックなカラーリングを採用することで野暮ったさは一切なく、都会的です。一枚でもこなれた主張を叶えてくれる、まさに主役級なルックスです。

\スタッフのおすすめポイント/
「伝統的なアロハを今っぽい配色で使いやすくしています。」

2.Reyn.spooner

original_b6aa479a
Reyn.spooner
オープンカラーシャツ

¥11,880(税込)

本場・ハワイのエッセンスを惜しみなく盛り込んだシャツブランド『Reyn.spooner(レインスプーナー)』最大の特徴は、あえて裏地を表使いするオリジナル生地「スプーナークロス」。その独特の風合いに加え、タフさやシワのつきにくさも兼ね備えた優れモノです。夏でもガンガン着回せるシャツをお探しなら注目しておきたいところ。

エディフィス別注によるオープンカラーシャツは、シルエットをやや細身に設定した現代的な仕上がり

original_2f792158

主張の少ないボタニカル柄も使い勝手が良く、「アロハを着たいけどド直球なのはちょっと…」という方にも最適ですよ。ショーツからスラックスまで幅広いコーディネートで活躍してくれます。

\スタッフのおすすめポイント/
「大人っぽいアロハシャツの生地をピックしているので、スラックスからデニムと合わせても上品なスタイリングが出来ます。」

3.PINECONE

dscn1984
PINECONE
S/S COTTON HAWAIIAN SHIRT

¥20,520(税込)

カリフォルニア発の『PINECONE(パインコーン)』は、ヴィンテージウェアを現代的にアップデートしたアイテムを製作するブランドです。長年ワークウェア作りに携わった経験を十二分に活かしたタフな作りと、かゆいところに手が届くデザインやサイズ感が魅力です。長年着られる定番ウェアをお求めの方は知っておきたいところ。

そんなパインコーンが手がけた開襟シャツは、ハワイのビーチを描いたグラフィックが夏らしさ全開な一着。
original_e876e968
スクエアシルエットやメタルボタンなど、ディテールの面でもオーセンティックなアロハシャツを踏襲。素材は不快感ゼロなコットン100%で、作りもメイドインアメリカの本格仕様に。デニムやチノパンと合わせて思い切り男らしくいきたいところです。

\スタッフのおすすめポイント/
「稀少なアメリカ製アロハシャツ。コットン100%素材なので、ご家庭での洗濯が容易なうえ、湿度の高い日本でも快適に着ることが出来ます。」

4.Expansion

normal_98593943-1
Expansion
Camp Collar Shirts

¥15,800(税込)

国内の有力ショップでバイヤーを務めた書上洋氏が2002年に立ち上げた気鋭ブランド『Expansion (エクスパンション)』。ブランドの拠点であるNYと日本、二つの都市をテーマにデザインされる洗練されたストリートテイストが魅力的なブランドです。

そんなエクスパンションが得意とするのはモダンな柄使い。「Camp Collar Shirts」も例に漏れず、ボーダー柄とハイビスカス柄を掛け合わせた新鮮なルックスです。

original_668b56e8
ジャカード織りを採用した生地は夏には珍しい立体感ある表情を見せ、無機的な色使いにはどこか都会らしさが漂います。柄シャツにありがちな”派手さ”の一切ない、まさにワンランク上の逸品。人と被らず、なおかつスマートな開襟シャツをお探しなら、ぜひどうぞ。

\スタッフのおすすめポイント/
「New Yorkのブランドらしいアーバンでスタイリッシュなシャツになります。」

5.nest Robe CONFECT

normal_98593943-1
nest Robe CONFECT
Brush Marks Linen Open Collared Shirt

¥20,520(税込)

ナチュラルで心地よい素材を用いた、大人のリラックスウェアを提案する『nest Robe CONFECT(ネストローブコンフェクト)』。糸の取り扱いから縫製にまでこだわった、質の良さと、それを際立たせるシンプルなデザインに注目したいブランドです。

「Brush Marks Linen Open Collared Shirt」は、開襟シャツには珍しい長袖仕様の一着。「これからの時期に長袖は暑いのでは?」と一見不安になりますが、ご安心を。日本を代表する織物産地・尾州で織られたリネン素材を使用した、とにかく快適な肌触りなんです。

original_282e98fe
ややゆったりとしたシルエットは肌の密着感も少なく、羽織った際の落ち感も極上。着丈が短いラウンドカットになっていたり、後ろ身頃が長いアシンメトリーなシルエットになっていたりと、さりげないこだわりも見逃せないポイント。素材感やシルエットで攻める、玄人な服選びをしたい方は要チェックです。

\スタッフのおすすめポイント/
「ブルゾンライクなサイズ感の為、Tシャツの上から羽織るスタイルもバランス良く纏めてくれます。」

6.TWO PALMS

normal_98593943-1
TWO PALMS
HAWAIIAN SHIRT RAYON DYED

¥10,584(税込)

最後は、1989年にスタートしたアロハシャツブランド『TWO PALMS(トゥーパームス)』。メイドイン・ホノルルの本格志向な作りや豊富な柄展開、そして圧倒的なコスパの良さで人気を博します。結婚式向けの上品なデザインをメインに展開している点も良く、アロハシャツ初心者にもオススメしたいブランド

さらりとしたレーヨン素材を採用したこちらのシャツは、日本の夏にもふさわしい快適な着心地です。アロハシャツ特有の派手なカラーリングに色落ち加工を施した、程よいヴィンテージ感も使い勝手バッチリです。シンプルになりがちな夏コーデのアクセントにふさわしい一着。

\スタッフのおすすめポイント/
「オーバーダイを施す事でタウンユースにも合わせやすい色目となっているアロハシャツです。]


ショップスタッフのオススメを集めよう
いかがでしたか?夏に欠かせない存在になってくれそうな開襟シャツ。着こなしのポイントを参考にしつつ、自分にぴったりな一着をぜひ見つけてみてください。

今回ご紹介した開襟シャツは、FACYに寄せられたショップスタッフのオススメの中からピックアップしたもの。他に気になるアイテムがある時は、FACYでショップスタッフに質問をすることも可能です。もし気に入った一品があれば、通販で購入・または店頭受け取りを選択して購入することが可能なので、ぜひ活用してみてくださいね!

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【11/14~11/20】
【SHOP BLOG】これからの季節に重宝する暖かいフリースラグ
【SHOP BLOG】生地の絵画?展
【編集部ラジオ】vol.27│広島のファッションエリアが熱い?、脱線ばっかりするマフラーの話など
衝動買いを誘う〈イノウエブラザーズ〉のマフラー #ととのいま品
これぞ、ザ・レトロアウトドア。NIKE ACGのエアスカーン #ととのいま品

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 失敗しないメンズパーカー12選。ショップ店員おすすめブランドとお手本コーデ