FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

夏の定番アイテム「アロハシャツ」今年はクリーンに着てみませんか?

夏の定番アイテム「アロハシャツ」。

非常に深い歴史を持つこのアイテムは時代に合わせてその姿を変えてきましたが、根幹にあるシルク素材を改めて現代ファッションに取り入れたいところ。

シルク素材特有の軽さ、柔らかさ、心地良さが生み出すドレープ感は一度着たらやみつきになります。

top38-1024x767

【BANANATIME】

“EVERYDAY LUXURY”をコンセプトに、旅先でもリラックス感が味わえ、部屋着としても、そのまま外出も出来るコンパクトで多目的かつ着心地の良いアイテムが揃います。

様々な国や文化からインスパイアされたモチーフが着心地のよいシルク100%の生地にプリントされており、カラフルで大胆な柄からシックで落ち着いたパターンまで、年齢や性別を問わないテキスタイルが魅力。

DSC04302-1024x1024

白ベースの爽やかなリーフ柄はクリーンな仕上がり。

風でなびくドレープ感は高級な品質の証です。

細身のタックパンツと組み合わせれば今の時代感に合ったきれい目なリラックススタイリングに。

DSC04307-1024x1024

大人の余裕を漂わせるシルク素材は一着でおしゃれな雰囲気がグッと高まります。

DSC04301-768x1024

Shirt:【BANANATIME】¥38,000+tax
Inner:【LA BOUCLE】¥7,800+tax
Pants:【LA BOUCLE】¥16,000+tax
Shoes:【JOJO】¥29,500+tax

足元に新しいリラックス感を演出してくれる【JOJO】を組み合わせれば非常に新鮮に。

DSC04285-1024x1024

Shoes:【JOJO】¥29,500+tax

【ALL AT SEA】

コペンハーゲンを拠点にシルクに特化した大胆な色の組み合わせ、カスタムプリントに情熱を持った物作りを行なっているブランド。

18SSのテーマは“OMOTE SANDO”。
今シーズンはCUBAN SHIRTというオープンカラーモデルにフォーカスし、インラインには無い柄をEDIFICEの別注として展開しています。

DSC04258-1024x1024

DSC04260-1024x1024

シルクの光沢感と“和”を感じさせるプリントが印象的なアイテム。

今回取り入れたのは日本の建築に触発された伝統的なプリントで、コレクションごとに新しい色の組み合わせをチョイスしています。

ノーカラージャケットと組み合わせればトレンドのオープンカラーを最大限に活かすことが可能に。

DSC04255-1024x1024

シルク素材と上品なジャケット、大人びたサンダルが一歩先の色気を演出してくれます。

DSC04253-768x1024

Jacket:【LA BOUCLE】¥33,000+tax
Shirt:【BANANATIME】¥29,000+tax
Inner:【LA BOUCLE】¥6,500+tax
Pants:【SEVEN BY SEVEN】¥49,000+tax
Shoes:【STEAVE MONO】¥25,000+tax

一着で今までのスタイルを様変わりさせてくれるシルクシャツ。

これからのシーズンに新しい装いにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

皆様のご来店をお待ちしております。

元記事を読む

EDIFICE LA BOUCLE (NEWoMan新宿店)

あたらしい時代を生きる、すべてのあたらしい男性・女性のために。

MORE FOR YOU

半袖が苦手な大人へ。肘が隠れる半端丈トップスのすすめ。
父の日ギフトにおすすめのパイルT、サンダルetc.|今週末の買い物メモ#06
地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選