FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

気になる悩みを解決。プロが選んだ「汚れが落ちやすい」白のレザースニーカー3選

避けては通れないあの悩み…

清潔感があり、合わせるものを選ばない汎用性の高さが売りの白スニーカーですが、何と言ってもネックは汚れやすいこと。最初は気分良く履けるけど、気づけば汚れて清潔感が失われ…、焦って、ケアしても汚れが取れなくて買い直した、なんて経験がある人も多いのでは?

そこで今回はショップスタッフに聞いた、「汚れが落ちやすい」白のレザースニーカーをご紹介。キャンバスと違い、レザーはケアしてあげれば意外と汚れが落ちやすいのが良いんですよね。それでは、どうぞ。

定期的なケアでクリーンな雰囲気を維持

normal_98593943-1

ADIDAS – STAN SMITH WHITE ¥15,120(税込)

まずは、『ADIDAS』の不朽の名作・スタンスミスのオールホワイトから。印象的な緑のヒールパッチをホワイトで統一することで、よりクリーンな雰囲気が際立った一足に。甲には天然皮革をを採用しており、定期的にケアしてあげれば汚れが定着することもなく、この綺麗な状態を維持することができます。アイコンのスリーストライプをパーフォレーションでデザインするあたりも、洒落っ気がでてます。

軽い汚れは消しゴムで落ちます

normal_98593943-1

YOAK – STANLEY ¥25,920(税込)

東京発のスニーカーブランド『YOAK』のSTANLEYは、潔いほどのミニマルなデザインに目を引く一足。アッパーにはマットな質感の牛革を、ライニングには優れた吸湿性を誇る豚皮を採用という贅沢っぷり。接ぎの少ないオールレザーのスニーカーはケアが楽なので、お手入れに慣れていない人にもオススメです。

ケアは「ジェイソンマーク」で

normal_98593943-1

alfredoBANNISTER – 【COLLAGE】GERMAN TRAINER ¥42,120(税込)

ドイツ軍用シューズとして現在でもヴィンテージファンから圧倒的な支持を得ているジャーマントレーナーを『alfredoBANNISTER』がコラージュ。素材にキャンバスではなく、クローム鞣しのステアー皮革と、PU材を使用。アッパーの同色での素材切替もユニークですね。スタッフさん曰く、スニーカーキットでケアすれば「汚れもスッキリ落ちます!」とのこと。

あくまで「汚れが落ちやすい」で「汚れにくい」わけではないので、クリーンに履きたいなら定期的なケアを、怠らず。ジェイソンマークなどのケアセットを一つ持っておくと便利ですよ。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。