FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「オンオフ」で使い分けはもう終わり。夏に着られる一石二鳥シャツがおすすめです

なにごとも一石二鳥

カジュアルシーンとビジネスシーンで使い分けている方も多いシャツですが、せっかくなら両シーンで着れるシャツがあったら一石二鳥。

今回は、そんなオン・オフで使える優秀なシャツをご紹介。見た目はシンプルですが、魅力的要素がぎっしりと詰まったアイテムたちが揃いましたので、シャツスタイルに勤しむ殿方、ぜひ一読を。

リラックス感のある雰囲気が◎

normal_98593943-1

nest Robe CONFECT – High Count Linen Regular Collar Shirt ¥23,760(税込)

『nest Robe CONFECT』のシャツは、通常のシャツより広めに取られた身幅と上質なリネンの質感によって柔らかな雰囲気を生み出した一枚。ビジネスシャツのように縫製運針を細かく打ち込まれているので、生地の凸凹やシワが見立たず、洗いざらしのまま着用しても上品な雰囲気になるという代物。

ブランド独自の拘りが凝縮

normal_98593943-1

Freemans Sporting Club – SPRED COLLAR SHIRTS ¥30,240(税込)

上質なポルトガルのソメロス社のリネンを用いた『Freemans Sporting Club』のスプレッドカラーシャツ。アメリカ東海岸の工場で見られるステッチワークやディテールデザインを採用しているため、上品かつ頑丈な作りです。着こなし、特にこれからの季節増えるノータイでの着用の際は「襟のカラーステイを外す事してバランス良く」とのこと。

爽やかさにこなれ感を

normal_98593943-1

EDIFICE – SOKTAS ネップライン カッタウェイシャツ ¥10,800(税込)

こちらは、1973年創業のトルコのファブリックメーカーSOKTASの生地を使った『EDIFICE』の一枚。爽やかな印象を与えるブルーとホワイトのウインドペンにネップが入った一癖ある七分袖シャツは、この時期にぴったり。品性を保ちながらも、どこかこなれた雰囲気を漂わせます。

ミニマルデザインの王道ブルーシャツ

normal_98593943-1

URBAN RESEARCH – プレーンオーバーレギュラーシャツ ¥10,800(税込)

無駄を排したデザインが魅力的な『URBAN RESEARCH』の一枚。さらりとしたブロードクロスに、ショートポイントの襟、そして一切フィット感のないワイドシルエットが今の気分にフィット。ビジカジはスラックスで、カジュアルはカーゴパンツで合わせるなんていかがでしょう。

シンプルに潜み巧みなディテールデザイン

normal_98593943-1

HAND ROOM – BDシャツ ¥17,280(税込)

最上級の米国産ピマコットンを贅沢に用いた『HAND ROOM』のボタンダウンシャツ。魅力的なポイントは素材だけにあらず。ラウンドした胸ポケや横穴仕様のボタンホール、アームホールのステッチ幅など、ディテールデザインもまた見逃し厳禁です。王道のボタンダウンに遊び心が加わった一枚は、間違いなく両シーンを横断してくれます。

オンオフ両シーンを横断するとなると、やっぱりシンプルなアイテムたちが揃いますね。しかし「見た目は子供、頭脳は大人」といった某アニメの常套句のように、「見た目はシンプル、ディテールは凝ったアイテム」でしたよね。これらのアイテムであれば一味違うシャツスタイルができます。ぜひ。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品
【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド