FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

スタイリングに季節感を。「黒以外」の半袖シャツをチェック!

半袖シャツがやっぱいい。

四季のある日本だからこそ、やっぱり「季節感」を取り入れたスタイリングを心掛けたいところです。ともすれば、春夏は色物。黒は暑そうに見えますし、熱吸収するので実用性にも欠ける部分がありますので…。

そこで今回は、黒以外の半袖シャツをご紹介。今季は、黒以外の色で夏を乗り越えましょう。ではご覧ください。

あらゆるシーンで使える一枚

normal_98593943-1

EDIFICE – ストレッチタイプライター オープンカラーシャツ ¥8,640(税込)

こちらの『EDIFICE』の開襟シャツは、胸ポケではなくサイドポケットが配された一癖ある一枚。生地にストレッチタイプライターを採用し、しっかりとした生地感ながら滑らかな肌触りと上品な光沢のあるものに。これなら大人の体裁を保ちつつ、ポケット不足も解消してくれますね。

大人のアロハスタイル

WFSEscAa9dz4urV1528083897_1528084037

EDIT ALLEGE&EDIFICE –  オープンアロハシャツ ¥30,240(税込)

大柄のデザインが品の良さを醸し出している『EDIT ALLEGE&EDIFICE』のアロハシャツ。レーヨン素材を用いた滑らかな肌触りとリラックス感のあるシルエットが、大人のリラックススタイルを演出しています。ヤンチャすぎないアロハシャツをお探しなら、迷わずこの一枚。

ロングセラーアイテムをユニークに

normal_98593943-1

LACOSTE –  別注 オープンカラーポロ ¥15,120(税込)

言わずと知れた老舗『LACOSTE』のロングセラーモデル「L1212」をデザインベースに、EDIFICEが大胆にアレンジしたこちらの一枚。柔らかな鹿の子の素材感やお馴染みの刺繍はそのままに、従来のポロシャツとはまた違ったユニークなアイテムです。

とにかく色味が絶妙です

normal_98593943-1

HARRITON – BAHAMA SHIRT (SAND) ¥7,560(税込)

ポリレーヨンの清涼感ある素材を用いた『HARRITON』の開襟シャツ。アメリカらしく全体的に大きめにデザインされているため、オーバーサイズのスタイリングに一役買ってくれます。ワイドパンツと合わせても、サマになりますよ。

フェイクスエードの生地感がたまりません

normal_98593943-1

ジャーナルスタンダード – FAKE SUEDE オープンカラーシャツ ¥11,880(税込)

微光沢感ととろみのある雰囲気がゆとりのあるシルエットとマッチする『JOURNAL STANDARD』の開襟シャツ。シンプルなルックスながらも、一枚羽織るだけでスタイリングを格上げしてくれる存在感があります。カラバリも充実しているので、お好みの色でどうぞ。

斬新なデザインに心を打たれます

normal_98593943-1

ETHOSENS – 半袖ズレシャツ ¥25,920(税込)

斜めに走るボタンが印象的な『ETHOSENS』のシャツ。滑らかなコットンベネシャンを使用することで、ボタンを開けて着用したときに生地が波打ち、クリーン且つ涼しげな印象に。また、裾のラインもフロントデザイン同様に斜行したようにズレているため、見る角度によって様々な表情を見せてくれます。凝ったデザインながらもいやらしさのない一枚です。

スタイリングに「季節感」は、やっぱり大事。巧みに色物を取り入れて、周りから頭一つ抜けたスタイリングを試みてください。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド