FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ラフにもドレッシーにも。怠け者は一足で使いまわせる「ローファー」が便利!

夏の怠け者

本来「怠け者」という意味があるように、「かしこまりすぎるのはちょっと…」なんて時に絶妙な加減でコーディネートの穴を埋めてくれるローファー。ラフな格好にも、ドレッシーな格好にも、漏れなく馴染んでくれるのが頼もしいです。

今回は、ショップスタッフが教えてくれた「5万円以下で買えるローファー」をご紹介。短パンからスラックスまで、種々様々なボトムスを迎え入れる夏コーデのお供としてぜひ。

想像を超えるクッション性

normal_98593943-1

COLE HAAN – PINCH GRAND PENNY ¥35,640(税込)

老舗シューズメーカーらしいクラシカルな印象の『COLE HAAN』のローファー。グランドOSを搭載したモデルとなっており、快適な歩行性はもちろん、屈曲性、通気性、耐久性など、その顔立ちからは想像ができない多機能を秘めた一足です。

リラックスシューズとしても

normal_98593943-1

alfredoBANNISTER – 踏み履きローファー ¥23,760(税込)

かかとの芯を抜くことで、ミュールとしても履ける『alfredoBANNISTER』の2wayローファー。しっかりとした肉厚な牛皮革を使用し、履き続けることで深みの増す一足。

インソールには中反発素材と低反発素材を組み合わせることで、歩行に適したクッション性を持っています。見た目はきっちり、中身はリラックスなローファー。

上品な足元にするなら

normal_98593943-1

JOSEPH CHEANEY – SUEDE TASSEL LOAFERS ¥42,336(税込)

グットイヤー・ウェルト・シューズの生産地として名高い英国ノーザンプトン州生まれの『JOSEPH CHEANEY』のローファー。上質なスエード素材を使用した、大人な雰囲気ムンムンの一足です。

シャープなシルエットは細身のパンツとの相性が抜群。9分丈のパンツの軽やかさと合わせれば、たちまち酒脱な印象に。

ショップスタッフおすすめの、大人のローファーをご紹介しました。紐の革靴よりも汎用性が高くて、おしゃれに見えるローファーを買わない手はないですよ。

MORE FOR YOU

暖かい季節は手元にセイコー(SEIKO)を
春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
日常に取り入れられるメゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)
春にも着られるショット(SCHOTT)のレザージャケット
街でも使えるBARBOUR(バブアー)4選
アーバンアウトドアはプラスフェニックス(+PHENIX)で始める

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  2. 一着は欲しい、メンズ「スプリングコート」。プロが至高の10ブランドを厳選
  3. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  4. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。