FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

休日はこれ1つで外出。悪目立ちしない「黒のミニバッグ」6選

ちょっとした外出には、どんなバッグでいけばいい?

休日の夏コーデは「ポケット不足」が起こりがち。せっかくの軽装なのに大層なバッグを持つのも気が引ける。

そんな時はサコッシュやウエストバッグなどのミニバッグが最適です。最低限の荷物が入って、軽い。街くらいならそれ一つで軽快に繰り出せるのが魅力的です。

今回は「黒のミニバッグ」をショップスタッフが厳選。スマートなルックスに似合わず…アウトドアでも使えるモノもありますので、どうぞ参考に。

小さいのに容量面は文句なし

normal_98593943-1

beruf baggage – STREAM SLING PACK LD ¥13,824(税込)

スマートな流線型のフォルムが特徴の『beruf baggage』の一品。ミニマルなデザインながらも、小さめのタブレットが収納可能なメインコンパートメント、そして小物収納に適したスリットポケットなど、容量面においても文句なし。また、耐水性にも優れているので、アウトドアシーンにも柔軟に対応してくれますよ。

「ポケット代わり」に丁度いい

normal_98593943-1

PARROTT CANVAS – ウェストバッグ ¥6,372(税込)

丈夫なコーデュラナイロンを生地に採用した『PARROTT CANVAS』のウエストバッグ。2箇所に分かれた収納や、手頃なサイズ感がちょっとしたポケット代わりとして大活躍。上から見るとかまぼこ型、正面から見ると半円型という独特のフォルムが、装着時に自然なフィット感を与えてくれます。

年齢を問わずに使えます

normal_98593943-1

ARUMO – ウエストバッグ ¥11,880(税込)

柔らかさとしなやかさを持った超高密度の撥水生地を使用した『ARUMO』のウエストバッグ。シンプルなルックスで、年齢を問わずに使える点が嬉しいところです。メインコンパートメントは物が取り出しやすいようにダブルジップ仕様にするなど、ささやかな心遣いにもグッときますね。

デイリーシーンでの使いやすさを追求

normal_98593943-1

TERG – Waist Medium ¥11,880(税込)

丸みを帯びたデザインが目を引く『TERG』のウエストバッグ。少し大きめに作られているので、必要最低限の荷物+αなら楽々持ち運びが可能。また、ストラップのハット部分は必要に応じてベルクロで取り外すことができ、洗濯もできてしまうという点も見逃せないところです。

アウトドアテイストを上品に

normal_98593943-1

THE NORTH FACE –  Suede Shoulder Bag S ¥8,532(税込)

フェイクスウェードの素材感がサコッシュに上品な雰囲気を与える『THE NORTH FACE』のショルダーバッグ。アウトドアブランドらしいデザインにも関わらず、カジュアルはもちろん、綺麗めのスタイリングにも好相性なのが◎。パープルのブランドロゴは程よいアクセントとして。

独特なデザインが気になります

normal_98593943-1

aniary – SCALE LEATHER SHOULDER ¥27,000(税込)

「舟形」のデザインが個性的な『aniary』のショルダーバッグ。特徴的な形がそのまま体へのフィット感をよくしてくれます。上質なスケイルレザーで作られているので、カジュアルになり過ぎないという点も◎。

カジュアルにもなり過ぎず、かといって綺麗な感じにもなり過ぎない黒のボディバッグは、ぜひひとつは持っておきたいところ。気になるアイテムが見つかった方は、早めにショップスタッフにお問い合わせを。

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド