FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

これで夏はアゲアゲです。タウンユースとしても優秀な「ビーチサンダル」が集まりました

今年のビーサン、決まった?

夏らしさをグッと上げてくれるアイテムの筆頭「ビーチサンダル」。リゾートスタイルの定番アイテムでもありますが、今年はタウンユースとしても優秀なビーチサンダルが多くリリースされているんです。

そこで今回はショップスタッフが今年イチオシする、「タウンユースとして使える」ビーチサンダルをご紹介。デザインだけじゃなく、履き心地にもこだわったサンダルが集まったのでご参考にどうぞ。

ディテールの工夫でモダンな印象に

normal_98593943-1

ISLAND SLIPPER – EDIFICE 別注ハワイアンビーチサンダル ¥17,064(税込)

リゾートサンダルの代名詞であるハワイ発の老舗サンダルメーカー『ISLAND SLIPPER』に、EDIFICEが和モダンな別注を掛けた一足。トング部分を細くオーダーし雪駄デザインに落とし込んだ、まさに和洋折衷なビーチサンダル。ショーツはもちろん、スラックスと合わせてもハマる“ビーサン”です。

和の要素を盛り込んだ一足

normal_98593943-1

JOJO – JOJO×TIE YOUR TIE×ED EX ¥31,860(税込)

草履とビーチサンダルを掛け合わせたかのようなデザインが面白い『JOJO』のサンダル。今モデルは鼻緒に、洒落者の行き着く先とも言われるイタリア発のセレクトショップ“TIE YOUR TIE”で使われるネクタイ生地を特別にセレクト。EDIFICE渾身のトリプルコラボ、これは買い逃したら後悔すること間違いなし。

大人のリラックススタイルを演出

normal_98593943-1

THE SANDALMAN – WIDE STRAP SANDAL ¥30,240(税込)

長時間履いていても疲れない履き心地に定評がある『THE SANDALMAN』のサンダル。こちらは足の半分を覆うワイドストラップで、抜群のホールド感を実現した一足。ストラップの素材はホーウィン社のクロムエクセルレザー、フットベッドにはスウェード採用と、素材使いも理にかなっていて、そして贅沢です。

アイテム選びの際に本腰を入れる方が少ないビーサンだからこそ、真剣に選ぶことで周りと差をつけることができます。来たる夏に備えて、サクッと手に入れておくのが吉ですよ。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに