FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

これ一枚でキマります。プロ推薦の「ネイビーのシャツ」が集まりましたよ

夏のスタイリングを、ワンランク格上げ

夏にTシャツやポロシャツばかりを着ていると、どうしてもスタイリングもマンネリ気味に…。そんなときはTシャツの上からシャツを羽織って、気分転換してみるのはいかがでしょう?

今回はショップスタッフに聞いた、「一枚でサマになる」ネイビーシャツをご紹介。知的な印象を与えてくれるネイビーシャツで、夏のマンネリを打破しましょう!

オリエンタルな雰囲気がたまりません

normal_98593943-1

WKED – 刺繍オープンカラーシャツ ¥17,280(税込)

WRAPINKNOTとEDIFICEの珠玉のカプセルコレクション『WKED』のオープンカラーシャツ。キューバシャツをデザインソースにしながら、前後に編み立てたニットテープを配したオリエンタルかつ独創的な雰囲気が魅力。

清涼感のあるリネンのタッチとシワになりにくい素材感も◎。昨年は瞬く間に店頭から姿を消した人気商品なので、気になるならお早めに。

「羽織」をイメージして作られた一枚

normal_98593943-1

THEE – レーヨンオープンカラーシャツ Navy ¥24,840(税込)

しっかりとした厚みのある綾織のレーヨン素材を使用した『THEE』のオープンカラーシャツ。シャツという視点ではなく、羽織をイメージして作られているため、パーツごとに様々なアイテムのスペックを組み合わせたシルエットが特徴です。

大きめのアームホールと袖幅、そして長めの着丈はバルカラーコートをモチーフにしたもの。普通なようで普通じゃない一枚、さらっと羽織るだけでスタイリングをまとめあげてくれること間違いなしです。

本格的な作り込みにグッときます

normal_98593943-1

ジャーナルスタンダード – キューバシャツ ¥10,584(税込)

実際にキューバシャツを生産しているメキシコの工場にて製作した『JOURNAL STANDARD』のキューバシャツ。オープンカラーや4つポケット、左右に施されたステッチ、刺繍など、本格的な作り込みが何よりの魅力です。

一見すると癖があり合わせづらそうな印象のキューバシャツですが、羽織ってみると意外とスタイリングに馴染んでくれるのも嬉しいところ。

ふんわりとした雰囲気が魅力

normal_98593943-1

Edwina Horl – ノーカラーシャツ ¥29,160(税込)

独特なシルエットとレーヨンの柔らかな生地感が特徴の『Edwina Horl』のノーカラーシャツ。生地を縮れさせたような細かい波打ちが走るような織り方を採用することで、肌との接触面が少ない風通しの良い質感を実現。

ふわっとゆるい感じなので、さらっとロングカーディガン感覚で羽織るのもオススメです。

ストライプ柄でシックな印象に

normal_98593943-1

KICS DOCUMENT – OPEN COLLAR DOUBLE PK H/S SH ¥21,600(税込)

透け感のあるコットン素材を生地に採用した『KICS DOCUMENT』のオープンカラーシャツ。肩幅、身幅を広めにとったボックスシルエットが持つ、リラックスした雰囲気が夏にぴったりな一枚。また、5分丈というなんとも言えない絶妙な袖丈もポイントです。

ヴィンテージフリークも唸る一枚

normal_98593943-1

Breechez – dungaree wide silhouette shirt ¥21,600(税込)

国内生産に拘りを見せるブランド『Breechez』のオーバーシャツ。短めに設定された着丈や背中の両サイドに入った深めのアクションプリーツ、太めのアームホールなど、ヴィンテージのアメリカンワークシャツを彷彿させる仕上がりが良いんです。

ヘビーオンスなダンガリー素材や裏ポケットになった右胸ポケといったヴィンテージマニアも納得の素材選び、ディテールデザインも魅力ですね。

ネイビーカラーの利点は、主張のあるデザインでも落ち着いた印象にまとまること。もしお気に入りのアイテムが見つかったのなら、気兼ねなくショップスタッフにご相談を。

MORE FOR YOU

密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ
初の生配信!本日20時から「いいお店」というテーマで話します。 #編集部のラジオ
【いいお店の日】ギフトにもオススメ!人気のミニ財布をこの機会に手に入れちゃおう。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. 密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
  5. 編集部がインスタで密かにCHECKしているショップ9店。