FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

これは便利。レジャーでも街着でも使える「機能派」ショーツたち

海、川、山…自然にお呼ばれされる夏。

レジャーに勤しむときは、大人だろうと無邪気に遊びたい。それを想定したら、やはりパンツはフルレングスよりショーツ。ショーツでも、動きやすくストレスのかからないイージータイプのものがベスト。

そこで今回は、レジャーシーンに便利なイージーショーツをご紹介。さらに、集まったのは街着としても穿けるデザインのもの。至れり尽くせりなアイテムたちを、どうぞ。

街中でも違和感のない水着

normal_98593943-1

SATTA – NASI BOARDSHORT ¥9,180(税込)

『SATTA』のボードショーツは、ワークデザインを踏襲したトリプルステッチで仕上げられているので、耐久性抜群。生地には洗いを施したコットンを用い、絶妙な風合いを備えています。また日本国内での取り扱いがほぼ無く、希少性が高いという点も男心をくすぐりますね。

頑なに「Made in USA」

normal_98593943-1

【THOUSAND MILE】 – athletic shorts ¥8,100(税込)

一貫して「Made in USA」にこだわるブランド『THOUSAND MILE』からは、アイテム名からレジャー仕様の一本を。3箇所にポケットが配されているため、バッグ要らずです。さらに、インナーパンツが付いているので、そのまま海に入ることだってできてしまいます。

そのときは、ポケットの中身をしっかり確認するように。

汚れなんてなんのその

normal_98593943-1

MOCEAN – BARRIER SHORTS ¥15,984(税込)

優れた通気・速乾性を兼ね備えるサプレックスナイロンを使用した『MOCEAN』のショーツ。その上、水やドロ、油などの汚れを保護してくれる加工を施しているため、レジャーにぴったり。汚れを気にすることなく、アウトドアシーンを満喫しちゃってください。

細やかな切り替えがツボ

normal_98593943-1

ALDIES – Rug Swim PT ¥14,904(税込)

サイドから裾にかけてのパイピングや、鮮やかなウエストベルトなど、ディテールデザインが光る『ALDIES』のスイムパンツ。スイムウェアとしての活躍はもちろんのこと、街着としても穿くだけでスタイリングのアクセントに。スポーツミックススタイルにどうぞ。

ビッグサイズのブランドロゴがクール

normal_98593943-1

NIKE – NIKE 別注 ウォータープルーフボードショーツ ¥5,940(税込)

『NIKE』のスイムラインにEDIFICEが別注をかけ、製作されたこちらの一本。シンプルなデザインに映える、背面の「ビッグスウォッシュ」がポイント。またライニングにはクールセンサーを採用し、夏場でも接触冷感を味わえる仕上がりに。敢えてポロシャツと合わせてギャップを図った着こなしが乙かと。

ソリッドな雰囲気がたまらない

normal_98593943-1

DEADSTOCK – usarmy トレーニングショーツ ¥5,940(税込)

ソリッドな印象のブラックカラーに「ARMY」のリフレクタープリントが映えるアメリカ陸軍のトレーニングショーツ。サポーターが付属されているので、スイミングにも難なく対応してくれます。トレーニングウェアだけあって穿き心地においても文句なし。デッドストックというのも男心をくすぐりますね。

 やっぱり機能的

normal_98593943-1

バーラップ アウトフィッター (burlap outfitter) – guide short ¥10,800(税込)

“ask the fabric”というコンセプトのもと、高機能素材を生かした物作りを目指しているブランド『burlap outfitter』の一本。生地に上質なナイロンを用いることで、抜群の軽量、速乾性を実現。両サイドの大きなポケットも、レジャーシーンでは嬉しい限りですね。

マットな質感が◎

normal_98593943-1

Cobracaps – Microfiber All Purpose Shorts ¥4,320(税込)

マットな質感が洗練された印象を与える『Cobracaps』の一本。上質なマイクロファイバーポリエステルを生地に採用し、優れた撥水性と速乾性を実現。インポートブランドらしい細すぎないシルエットで、様々なトップスと合わせてもしっかりとハマってくれますよ。

もちろん、こちらも水陸両用で使えます。

合わせやすく、アウトドアシーンで本領発揮してくれるショーツたちは、持っておいて損がないアイテムです。レジャー本番になる前に、チェックしておきましょう。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品
【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド