FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ハイスペックなリュックが勢揃い。「通勤」にぴったりな黒リュックまとめ

「通勤に適したリュック」

毎日使うアイテムということもあって、求める条件は多いですよね。例えば、スマートな見た目、PCスリーブの搭載、適度なサイズ感、小分けポケットなど…。やはり、使っていて不便を感じないスペックを備えたものが欲しいところ。

今回はショップスタッフが教えてくれた、前述の条件を抑えたハイスペックなリュックたちをご紹介。合わせやすさ、使いやすさともに優秀な「黒」で揃えたので、ぜひご確認を。

一貫して「MADE IN AMERICA」

original_670bffa9

DSPTCH – BOOK PACK ¥28,080(税込)

一貫して「MADE IN AMERICA」というサンフランシスコ発のブランド『DSPTCH』からは、こちらのバックパックを。タブレットを出し入れできるポケットや、マグネット式の開閉フラップなど、機能性を徹底的に追求したデザインが魅力的。

ちょっとしたミリタリーの薫り漂う見た目も、男の背中には頼もしい。カジュアルスタイルにはもちろん、スーツに合わせても上等な一品です。

ビジネスシーンの最適解?

normal_98593943-1

VEBQUE – The Classic BLACK EDITION ¥19,440(税込)

『VEBQUE』のリュックは、ビジネスシーンの最適解ともいえるミニマルデザインが魅力。素材には耐久・撥水性に優れたコットンを使用しているので、雨だろうとお構いなし。また、内部には15インチまでのラップトップを収納できるスペース、細かい貴重品などを小分けできるジッパー付きポケットを搭載。

スマートな見た目に加え、この潜めるスペックの高さ。これは「使える」一品です。

異素材MIXが決め手

normal_98593943-1

ARUMO – ベーシックリュックサック ¥31,680(税込)

『ARUMO』のリュックは、フロントにブランドロゴが配されていない匿名性の高さが嬉しい一品。気になる機能面というと、こちらも盤石。生地には柔らかい超高密度の撥水生地を使用。メインコンパートメントにはダブルジップ仕様、小分けポケットと、使い勝手は文句なし。

ディテールにイタリアンレザーを使用した、さりげないデザインアクセントも目を引きます。

マットな質感が都会的

normal_98593943-1

BLACK EMBER – THE CITADEL MINIMAL PACK ¥31,320(税込)

3レイヤーの防水バリスティックナイロンを使用した『BLACK EMBER』のバックパック。15インチのPCが入るスリーブや数多く配された小分けポケットなど、素材使いだけでなく、ビジネスシーンにおいて気が利くデザインが◎

さらに、ジップは止水のモノを採用。バリスティックナイロンと相まって、防水対策バッチリ。

スタイリッシュな風貌に一目惚れ

normal_98593943-1

UNLINE by alfredoBANNISTER – ブリーフバックパック ¥19,440(税込)

モダンでスタイリッシュなデザインが目を引く『UNLINE by alfredoBANNISTER』のブリーフバックパック。ノートPCやタブレット端末が収納できるように作られたポケットや、書類などの持ち運びが容易な内収納ポケットなど、ビジネスシーンに最適な作りがナイス。

強度のある生地と合成皮革のコンビネーションデザインも、さりげないアクセントになっていますね。

合わせやすく、スペック面も優秀なアイテムばかりでしたね。使い勝手の良いバックパックは、様々なシーンで大活躍。この機会に、ひとつ手に入れておくことをオススメします!

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ
初の生配信!本日20時から「いいお店」というテーマで話します。 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. アメカジマスターが伝授。大人のスウェット着こなし術 │HUNKY DORY 塚本康博
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました