FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

この時期の買い足しにオススメな「バリュープライス」のオープンカラーシャツ

店頭では秋冬の商品が並び始め、秋冬の装いも考え始める頃合い。しかし、今年の夏は例年以上に暑い。秋冬アイテムなどに目を向けられず、まだまだ夏アイテムを買い足したいのが正直なところ。

そこで今回は、お手頃価格のオープンカラーシャツをご紹介。ただ安いだけではなく、ある程度の品質を担保したアイテムが揃ったので、ぜひご覧ください!

アメリカ国内生産だから

normal_98593943-1

CalTop – オープンカラーシャツ ¥5,292(税込)

手頃な価格で最高に品質の服を提供したい、という信念から生まれたLAのシャツメーカー『CalTop』の一枚。今っぽいデザインを踏襲した、ゆったりとしたサイズ感が魅力。

採用したポリエステル生地は、さらっとした着心地で夏にぴったり。ボックスシルエットなので、ワイドパンツとの相性◎

美しい生地感

normal_98593943-1

HARRITON – BAHAMA SHIRT (SAND) ¥7,560(税込)

アメリカの制服等のボディによく使用されるブランクメーカー『HARRITON』の一枚。身幅と着丈が、アメリカらしい大き目のサイズ感に設定され、リラックス感のあるものになっています。

素材にはレーヨンとポリエステルを使用しており、さらっとした肌触りに。このちょっと土臭い感じが、堪らないです。

生地で変化をつける

normal_98593943-1

JOURNAL STANDARD – オープンカラーシャツ ¥8,316(税込)

微光沢感とトロミのあるフェイクスウェードを使用した『JOURNAL STANDARD』のオープンカラーシャツ。ベージュの落ち着いた色味と少しゆとりのあるサイズ感によって、品のあるアイテムになっています。

フェイクスウェード特有の表情のある生地感が、他のシャツと差別化を図れます。

この価格で、このクオリティ!?と、驚くようなアイテム達ですよね。オープンカラーシャツを持っていない方はもちろん、既に持っている方にも非常にオススメです。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

今年は出番が多そうです。ざっくり着れるカーディガン4選
寒さに打ち勝つための優秀ミッドレイヤー。
今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 寒さに打ち勝つための優秀ミッドレイヤー。
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました