FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

黒は黒。でも被らない「黒スニーカー」って?

足元は「黒」で引き締める

カジュアルからドレスまで、あらゆるスタイルに満遍なくフィットしてくれる「黒スニーカー」。ベーシックなアイテムもいいけれど、どうせ今購入するのなら少し冒険してみるのもアリ。

そこで今回は、ショップスタッフが選び抜いた一味違う黒スニーカーをご紹介。「スニーカーを新調したいけれどどんなものがいいんだろう?」と困っている方は、ぜひご参考に。

定番モデルをアップデート

normal_98593943-1

VANS – C&S エラ59 ブラック ¥6,480(税込)

『VANS』のクラシックラインの定番モデル「ERA」に、ヒールアクセントパーツを追加した新定番モデル ERA 59。シンプルなカラーリングながらも、キャンバス×スウェードのアッパーの組み合わせにより、存在感を持った仕上がりに。

サンドカラーのステッチも良いアクセントになっていますね。

斬新なデザインがツボ

normal_98593943-1

VANS – AUTHENTIC FRINGE ¥13,824(税込)

同じく『VANS』から、フリンジのデザインがインパクトを放っている一足を。人目を引くデザインながらも、色数をグッと絞っているので悪目立ちしないのがポイント。

いい意味でVANSらしくないスタイリッシュなデザインで、周りと差がつくこと間違いなし。

あの有名デザイナーとのコラボ

normal_98593943-1

AlexanderLeeChang× VANS – BOA TOP SK8 HI ¥22,680(税込)

またまた『VANS』から、『AlexanderLeeChang』とのコラボスニーカーをピック。同ブランドの定番モデルである「SK8-HI」に、アウトドアシューズなどに採用されているBOAシステムを搭載し、洗練されたルックスと抜群のフィット感を実現。

スケーター出身であるデザイナーのこだわりが垣間見える代物です。

近未来的なルックス

normal_98593943-1

ADIDAS – DEERUPT RUNNER ¥14,040(税込)

網目状のカバーリングデザインが近未来的な雰囲気を演出している『ADIDAS』のDEERUPT RUNNER。優れた柔軟性を誇るメッシュアッパーと内部に施したゾーンクッショニングによって、快適な足取りをサポート。

デザイン面だけでなく、機能面においても優秀な一足です。

ディテールにこだわりを

normal_98593943-1

EDIFICE – ADIDAS / アディダス NMD_R1 ¥17,280(税込)

続いて『ADIDAS』からもう一足。「NMD_R1」は上記と同じく近未来的なデザインが持ち味。それでいてヒールパッチやスリーストライプなど、クラシカルなモデルの定番要素を踏襲した作りが独特の雰囲気を醸し出しています。

さらに成型プラグをヒールと前足部にあしらった点にも要注目。ミッドソールにはバネのあるBoostミッドソールを使用しているので、履き心地も文句なしです。

「ちょっとした違和感」を楽しんで

normal_98593943-1

alfredoBANNISTER IN – 切替ネジレレーススニーカー ¥22,680(税込)

シューレス部分がねじれた風変わりなデザインが特徴的な『alfredoBANNISTER IN』のスニーカー。アッパーには滑らかなイタリアンレザーを採用し、履き込むごとに自分の足に馴染んでいく感覚を楽しめます。

黒×白の潔いカラーリングも清潔感があってGood。

デザイン性のあるアイテムでも、スタイリングにさらりと溶け込んでくれるところが黒スニーカーのいいところ。

気になるものが見つかったのであれば、遠慮なくショップスタッフにお問い合わせを。サイズ感からオススメのスタイリングまで、懇切丁寧に教えてくれますよ。

iOS/Android

MORE FOR YOU

密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ
初の生配信!本日20時から「いいお店」というテーマで話します。 #編集部のラジオ
【いいお店の日】ギフトにもオススメ!人気のミニ財布をこの機会に手に入れちゃおう。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 編集部がインスタで密かにCHECKしているショップ9店。
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで