FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

まだまだ続きます。秋も使える「ミニバッグ」5品

秋もミニバッグ

身の回りのものを最低限収納できて、身軽に動けるミニバッグが人気沸騰中。最近ではサコッシュだけでなく、ウエストバッグ(ファニーパック)などもトレンドに浮上しており、この人気もまだまだ終わりが見えません。

ということで、今回は秋コーデに合わせたいミニバッグたちをピックアップ!ミニバッグ、一つ持っておくと本当に便利です。まだお持ちでないという方はぜひチェックを。

ミニバッグにも品を求めるなら

normal_98593943-1

ARUMO – レザーショルダーバッグD / ブラックレザー ¥18,360(税込)

大人たるもの、ミニバッグにも品を求めたいというなら『ARUMO』のショルダーバッグがオススメ。素材には牛革のなかでも最高級のレザーカーフを使用しており、とにかく上品な見た目。

サイズ感は長財布やペットボトルが収まるくらいのほどほどの大きさで、中にはオープンポケット付き。メイン収納部はマグネットだから、荷物の取り出しも楽ちんです。

都会的なオールブラックのウエストバッグ

normal_98593943-1

GEAR3 – コートキャンバスウエストバッグ ¥10,260(税込)

アウトドア感が苦手な人には、オールブラックで都会的な印象を与えてくれる『GEAR3』のウエストバッグ。シンプルでユニセックスなデザインなので、どんなスタイルにも馴染んでくれるのが魅力です。

また、ジッパーには止水ジップを採用し、キャンバス地にはコーティング加工…とミニマルな見た目ながら、防水性が高いのもポイント。

小振りで邪魔にならない

normal_98593943-1

SML – アーミーダック ファニーパック ¥7,452(税込)

休日のカジュアルなスタイルに合わせたい『SML』のファニーパック。表地にはとても丈夫なダック地、裏地にはレジャーシートにも使われるターピークロスを採用しているので、アウトドアでの使用もバッチリOK。

デイリーに使いやすいタフなミニバッグ。全6色展開なので、お好きな色をどうぞ。

ドイツの自社工場でハンドメイド

normal_98593943-1

SEIL MARSCHALL – Map Case ¥20,520(税込)

サコッシュやウエストバッグとはまた一味違った雰囲気がある『SEIL MARSCHALL』のショルダーバッグ。キャンバスと革のコンビで作られた小振りなバッグは、全てドイツの自社工場で一点一点作られており、使い込むごとに味わい深く、そして美しく変化していくんです。

年齢やトレンドも関係なく、長く愛用できる。そんなミニバッグが欲しいというなら、ぴったりな逸品です。

丸いシルエットがかわいい

normal_98593943-1

EDIFICE – OUTDOOR PRODUCTS 別注 DAY SACOCHE ¥4,536(税込)

財布、鍵、タバコ、スマホ。これだけ入れば十分という人には、『OUTDOOR PRODUCTS』のEDIFICE 別注サコッシュバッグがオススメ。必要最低限のものだけ入る小ぶりなサイズ感なので、普段手ぶらの人でも違和感なく持ち歩ける一品です。

メイン収納とは別に、フロントポケットが付いているので、鍵などを分けて収納できるのも◎

少し涼しくなり、外へも出かけやすくなるこの季節。ちょっと出のお供に、これらのミニバッグおすすめです。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド