FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

来る秋に向けて、こんなシャツジャケットはいかがでしょうか?

2018-08-27-14.05.51_R

いつもお世話になっている郵便の配達員さん曰く、
「暑い暑いと言っても、やっぱり前ほどじゃないね。朝とかはそれほどでもなくなったし、陽が沈むのもだいぶ早くなったよ」。

ということで、この残暑も着実に終わりへと向かっているようです。
もうしばしの辛抱ですね。

ほら、その証拠に街路樹の葉も散り始めました。

2018-08-27-16.06.37_R

悪あがきのような蒸し暑さと増しゆく秋の気分の鬩ぎあうなか、そろそろ手にしたくなってくるのがこんなシャツジャケットではないでしょうか。

2018-08-27-13.34.56_R

まずは何と言っても奥ゆかしい色目が来たるべき次の季節を想起させて止みません。
夕焼け、赤とんぼ、金木犀、柿、紅葉…聯想は拡がるばかり。

このふっくらとした生地、ウールに見えて実はリネン100%です。

2018-08-27-14.05.11_R

ハードマンズ社のアイリッシュリネン糸を日本国内で製織、染色後に繊維を優しく叩きほぐして起毛加工を施すことで、この柔らかな肌触りを生み出しています。

温かな風合いと、リネンならではの吸湿性、速乾性、通気性を両立させた、この高温多湿な日本の秋口に最適な生地と言えます。

服自体を見れば開襟にフラップ付きパッチポケットといったカジュアルなディテールですが、ステッチを目立たせず、またポケットにボタンを設けないことで洗練された上品な雰囲気に仕上げています。

2018-08-27-13.39.27_R

なお、ボタンは生地の色とよく調和した水牛製のものを採用しています。

直線状の裾により、より羽織りものとしての性格が強められました。

2018-08-27-13.43.03_R

もちろん、シャツとしても問題なく着用可能です。
そのバランス感も魅力的ですね。

などと、そんな細部の説明も不要なほど、ただ手に取りたいな、着たいなと思わせてくる一枚です。

人が装うにあたり、情感のみをその拠り所とするのは難しかれど、かといって機能性やコストパフォーマンスこそが正義ということもありますまい。

情緒と合理性の邂逅と呼べるような何かが、この服には感じられます。

元記事を読む

Euphonica

横浜市営地下鉄の仲町台駅からほど近い場所に位置する、小さな「洋品店」。ラグジュアリーとは異なる静謐な上質と、時間に耐えうる永続性を提案する。

MORE FOR YOU

【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品
【SHOP BLOG】国産ならではの完成度。ジャックマンの定番スウェットとパーカーが入荷しました
暖房いらずな〈アークテリクス〉のベスト。#ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選