FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

夏の締めくくりにもう一枚。汗っかきに嬉しい、上品でドライな『CURLY』のTシャツ

思わず一目惚れしてしまいました

今年の残暑は例年以上に厳しいことを想定すると、まだまだTシャツを買い足したい気分。自分自身パックTでも買い足そうかな…なんて思っていましたが、買った後を見越すとそこまでの量を求めていない。この時期はとびっきり気の利いた一枚でもあればいいなと探していた矢先、ふと自分の目に留まったのがこちらの『CURLY』のTシャツ。

normal_98593943-1

CURLY – ADVANCE HS TEE ¥7,992(税込)

両裾脇に配された三角ガゼット、前後で着丈に差をつけた裾、素材感。クリーンな見た目ながらも、他のTシャツとは一線を画す仕上がりなんです。どうしてもラフになってしまうTシャツを、ここまで品よく見せるのは、まさくしく糸にあり。そんな気になる生地には繊維の長い綿を空気圧で紡いだ糸(空紡糸)を編み立てたものを採用。これにより、表面はシャリ感のあるドライな肌触りの一方、内側は空気を多く含みふっくらとした仕上がりに。

2018-06-14-13.59.40_R

吸汗・速乾性にも優れているため、暑い時期でも蒸れることなくドライな着心地を味わえるんです。汗っかきな自分も、これなら一安心。

いやはや夏も終盤に迫っている頃に、とんでもないアイテムに遭遇してしまいました。平成最後の夏のTシャツに、みなさんもこちらなんていかがでしょうか?

MORE FOR YOU

スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
  3. デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。