FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今秋はデニムが熱い。まずはベーシックかつ定番になりそうな一本から。

hastst

今年はデニムを穿きたい気分です。

そこで18FWより新しく仲間に加わった”HATSKI”。
すでに店頭では動いております。

maillotと同じく大阪のstratoさんが手がけるデニムブランドです。

これまでデニムと言えばWESTOVERALLSでしたが、この秋冬はセンタープレスやブッシュパンツといった変化球なものをWESTOVERALLSで提案し、HATSKIでベーシックかつ定番になるようなデニムを提案したいと思いました。

たくさんヴィンテージを意識したような岡山のデニムブランドはありますが、デイリーなお洋服を提案するという点でHATSKIのあり方がPanioにはちょうどはまっているかなと思いました。

僕個人としてはやはり古着なんかを色々見て来たのでディティールのこだわりは細かくみるんですが、そこもしっかり作り込みながらあえてテーマは”普段着”。

このくらいが大好きなんです。

口うるさくならないくらいのいい温度。

共感してもらえると嬉しいです。

ちなみにうちのパニ山はジーンズソムリエw

さてさてHATSKI。

ブランド自体はテーパード推しですが、個人的にこれだって思ったのはこの秋冬からの新作のストレート。

ワタリにいいゆとりがあって、裾にかけて緩やかなテーパード。
これが僕の好きなシルエットでした。

これだとフルレングスはもちろん、9分丈にカットした時の見栄えも好きなんです。

hatsnn6

HATSKI(ハツキ)”Straight Denim -One Wash” ¥17000+tax

bllk5

HATSKI(ハツキ)”Straight Denim -BLACK” ¥18000+tax

ワンウォッシュは15.6oz オリジナルセルビッチデニムを使用。
ブラックも同じく15.6oz オリジナルセルビッチデニムを使用しているのですが、こちらは生機で黒く染め上げたものを使用しています。

ワンウォッシュは定番デニムとしての提案です。
ブラックは完全に今年の気分。
しかもしっかり縫製までブラックなのがいい。

これまで真っ黒のパンツってあまり穿いて来なかったので新鮮です。

dde1

dde2

ワンウォッシュはこの赤耳仕様。

もう当たり前なディティールかもしれませんが、そこがまたデイリーな普段着の証。

hatssy

Pii-day “Wonder Worker Jacket” ¥24800+tax
Tieasy “HDCS KATANUKI BORDER” ¥11000+tax
HATSKI(ハツキ)”Straight Denim -One Wash” ¥17000+tax
MOONSTAR “BUMPERCOURT” ¥15000+tax

くるぶし丈くらいにしてボーダーカットソーにWWJ。
これはもうPanio的定番。

hatskii1

hatskii3

hatskii4

ブラックはサイドのセルヴィッジ感を表現したピンクのステッチも好きなポイント。

bllk8

この見え方も最高。

クールに見えて可愛げがある。

そんな大人が一番かっこいい。

セレクトショップなのでそれなりの気分が反映されてますが、きっと共感してもらえる方もいるはず。

今年はHATSKIでも穿いて毎日を楽しく過ごしませんか。

元記事を読む

Panio

arte povera,funset of art,TATAMIZE,DECHOといったクラフト感溢れるお洋服や雑貨を取り扱う名古屋のセレクトショップ”Panio”。

MORE FOR YOU

オフィスでも昼寝できる!DODのバッグインベッド #ととのいま品
〈コロンビア〉のあったかフリースソックス♯ととのいま品
【SHOP BLOG】どんな世代にもハマる、ダウンパンツが入荷しました!
今週末に編集部が読んでほしい記事【11/14~11/20】
【SHOP BLOG】これからの季節に重宝する暖かいフリースラグ
【SHOP BLOG】生地の絵画?展

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 失敗しないメンズパーカー12選。ショップ店員おすすめブランドとお手本コーデ