FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

絶対に失敗しない。プロが勧める、おすすめパーカー揃ってます。

そろそろパーカー欲しくなってきてません?

ストリートなトレンドのせいか、例年に増して注目度の高いパーカー。今年はざっくり着られて、冬アウターの差し色としても使えるようなパーカーが欲しくないですか?

ということで、今回はショップスタッフのおすすめパーカーをピックアップ。差し色として使えるものはもちろん、定番色もしっかり集めています。ぜひチェックを。

今年はパープルが良いです

normal_98593943-1

LIVINGCONCEPT – SWEAT PARKA ¥15,120(税込)

パーカーと言えば鉄板はグレーだけど、今年は少し色物が気分。ただ、蛍光色や原色は子供っぽくなってしまうので、狙うならパープルやマスタードなどの秋色がオススメ。

『LIVINGCONCEPT』のスウェットパーカーは、くすんだパープルの色合いがまさに今の気分にぴったり。一枚はもちろん、冬アウターのインナーとしても重宝すること間違いなし。

極上の触り心地

normal_98593943-1

AURALEE – スーパーソフトヘビースウェットプルオーバーパーカ ¥25,920(税込)

トレンドのビッグシルエットを大人っぽく着こなしたいなら、『AURALEE』を選ぶべし。ゆったり身幅にドロップショルダーのルーズなシルエットなのに、だらしなく見えないのは上質な素材のおかげ。

生地には、表糸にスーピマコットン、裏糸に柔らかな無撚糸を使用し編み立てた裏毛を採用。触り心地の良い柔らかい生地感、光沢感のある品ある見た目はさすがオーラリー。人気なのも頷けます。

ブランド渾身の一枚

normal_98593943-1

Still by hand – オリジナル裏毛スウエットパーカー ¥18,360(税込)

FACYでもとにかく売れている『Still by hand』のスウェットパーカー。人気の秘訣は、ブランドオリジナルの度詰の裏毛、シルエットの良さ。たっぷり肉厚な生地は、1メートル編むのに1キロ以上の糸を使用しているのだとか…(!)。

またパーカーの命とも言われるフードの立ちも、ご覧の通りお見事。「正直このプライスで、これだけハイレベルなパーカーは中々無い」と店主も太鼓判を押すパーカー、動きもとにかく早いので気になる方はすぐチェックを。

くすみカラーが今っぽい

normal_98593943-1

Edwina Horl – HOODY ¥27,000(税込)

くすんだローズの色味が今っぽい、『Edwina Horl』のパーカー。袖丈長めのゆったりシルエットですが、着丈を短めに設定しているのでルーズに見え過ぎないのがポイントです。

また、今シーズンのメイングラフィックを使用した左袖のワッペン付きが、程よくアクセントになっていて◎

さりげないストリート感

normal_98593943-1

VIER ANTWERP – Antwerp Zip Hoodie in Black ¥20,520(税込)

ストリートな雰囲気がお好みなら、オランダ・アントワープの人気ショップ『VIER ANTWERP』のオリジナルパーカーはいかがでしょうか? ストリート感がありつつ、モノトーンでまとめているので、シックに着られる一着です。

程よく肉厚のある裏起毛スウェット素材を使用しており、着心地も申し分なし。ジップ、プルオーバーの2型展開なので、お好きな方をどうぞ。

朝晩冷え込みはじめ、出番も近づいているパーカー。そろそろ気になる一着を見つけて、買っておくのがオススメですよ。

iOS/Android

MORE FOR YOU

父の日ギフトにおすすめのパイルT、サンダルetc.|今週末の買い物メモ#06
地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選