FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ジーパン、どこがオススメ? ショップスタッフの推薦4本

ショップスタッフはどんなジーパンを選ぶ?

「やっぱり御三家が一番」なんて意見が多いジーパンですが、堀ればまだまだいいブランドはたくさんあります。

でも、数多のブランドがリリースするアイテムですので、探すのは一苦労。

ということで今回は、ショップスタッフが選ぶ、おすすめのジーパンをご紹介。ぜひ、新たなジーパンをお探しの方はご参考ください。

デニムフリークの手による

normal_98593943-1

RESOLUTE – 710 ¥23,760(税込)

デニムの王道である「Levi’s 501」の66モデルをベースに作られた『RESOLUTE』の710。旧式の染色方法、織り機を採用することで、独特の毛羽立ち・ざらつき感を実現。

日本屈指のデニム職人たちによる珠玉の一本、穿き込むごとに現れる美しいエイジングも楽しめます。

細部まで抜かりなく

normal_98593943-1

NEED – Chevy Denim in Judd Wash ¥27,000(税込)

綺麗なブルーの発色に目を引く『NEED』のシェビーデニム。ダークブルーのウォッシュ加工を施したヴィンテージのような雰囲気をまとっています。

5ポケットスタイルやイエローステッチ、ノンストレッチなどなど、細身のシルエットながら従来のジーパンデザインを踏襲したクラシックな一本です。

ガツンとワイドに

normal_98593943-1

cleaveland×BELLA MOLNAR – B,Bags Denim ¥29,160(税込)

『cleaveland』×『BELLA MOLNAR』のデニムは、腰回りからストンと落ちるワイドシルエットが印象的。生地には適度な厚みを持った10ozの岡山産セルビッチデニムを採用し、経年変化も楽しめる仕上がりに。

シンプルなトップスに合わせるだけで、普段のコーデをより洒落たものにしてくれます。

上品な光沢感がポイント

normal_98593943-1

FIRMUM – スーピマコットンムラ糸インディゴセルビッチワイドデニム ¥24,300(税込)

希少な最高級コットン・スーピマコットンを用いた『FIRMUM』のワイドデニム。他のジーパンにはない上品な光沢感がワークな印象を緩和し、高級感のある佇まいに。

クロップド丈くらいの短めのレングスのため、足元で溜まることなくスッキリと穿きこなすことができます。

正統派から変わり種まで揃っていましたね。デニム御三家では物足りなくなったという方、ここら辺を攻めてみるのはどうでしょう。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

暖かい季節は手元にセイコー(SEIKO)を
春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
日常に取り入れられるメゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)
春にも着られるショット(SCHOTT)のレザージャケット
街でも使えるBARBOUR(バブアー)4選
アーバンアウトドアはプラスフェニックス(+PHENIX)で始める

RANKING

  1. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。