FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

やっぱり一枚は持っておきたい。狙い目の「黒スウェット」4選

定番なのに意外と持っていないもの。

「冬は暗くなりすぎるから少し明るい色を選ぼう」という思いがあるせいか、ネイビーやグレーはあるのに意外と黒のトップスは全然手元になかったりします。それに気づいてしまうと、さすがに一枚は欲しくなってしまうものでして。

そこで今回は一枚は持っておきたい黒のスウェットをピックアップ。一枚あると大変便利ですので、ぜひ参考に。

買って長く使えるスウェットなら

normal_98593943-1

CAMBER – スウェットシャツ サーマルライナー ¥13,824(税込)

満足感の高い、買って長く使えるスウェットなら、迷わず『CAMBER』を選びたいところ。ちょっとやそっと洗濯ではびくともしない耐久性、やっぱりスウェット類では大事です。着込んだときの味もまた良し。

ジャパンメイドのスウェット

normal_98593943-1

LOOPWHEELER – LOWERCASE 吊り編みウールクルーネックスウェット ¥24,840(税込)

アメリカメイドとはまた違う良さがある、ジャパンメイドのスウェット。その中でもやはり『LOOPWHEELER』は別格です。こちらはLOWERCASEの別注モデルで、表糸にウール85%の混紡糸、中糸と裏糸にコットン100%の糸を使用しているのがポイント。ふわっと、やさしいを同時に楽しめるモテスウェットです。

着ぶくれしたくないあなたに

normal_98593943-1

AURALEE – スーパーハイゲージスウェット ¥18,360(税込)

厚手スウェットはどうしても着ぶくれの原因になりがち。それを解消したいなら、薄手だけど安っぽく見えないスウェットが必要です。『AURALEE』のハイゲージスウェットは、カジュアルなのに“上質”という言葉が非常に似合うアイテム。薄手なので、着ぶくれする心配も一切なしです。

やっぱりただの黒じゃ満足できない

normal_98593943-1

REMI RELIEF – アウトドアクルー ¥14,904(税込)

なんだかんだで黒を持っていない天の邪鬼な性格なので、こういうのに惹かれてしまいます…。何年も着古したヴィンテージ加工のせいで、黒というよりグレーに近い色味ですが、あくまで近いだけで黒に違いはないのです。

アウターがオリーブやネイビーばかりというなら、黒スウェットは持っておくべし。まあ一枚買うとハマって何枚か買っちゃうかもですけどね…。

iOS/Android

MORE FOR YOU

夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品
センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!
2022年上半期のベストバイ #編集部のラジオ
こんな「キョウト」がほしかった!ビルケンシュトックのジャーナル スタンダード別注モデルを見逃すなかれ。

RANKING

  1. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  2. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  5. 夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品