FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

使いやすさはピカイチ。冬の相棒に最適な「前開きのフリースジャケット」4着

流行りのフリースジャケット、まずはじめに取り入れるなら?

人気を集めているフリースジャケット。プルオーバータイプと前開きタイプが主に展開されており、どちらも魅力的ではあるのですが、使いやすさという観点から見れば、やはり「前開きタイプ」に一票です。

というのも、前開きタイプはまず着脱が楽。そしてインナーとして用いる時にも、過度な主張をせず、すんなりとコーデに馴染んでくれるところが魅力的。メインでもサブでも対応してくれる扱いやすさがいいんです。

そこで今回は、ショップスタッフ推薦の「前開きのフリースジャケット」をご紹介。中にはボア素材のものもあるのでぜひ参考に。

ブラックカラーでシックな印象を

normal_98593943-1

marka×PENFIELD – BOA CARDIGAN ¥48,600(税込)

老舗アウトドアブランド『PENFIELD』のアーカイブから、真の男性のための物作りを行う『marka』が現代的な解釈を加えた一着。ともすればアウトドア感の強いアイテムも、オールブラックに纏めてしまえばシックで洗練された印象に。

肝心の温かさといえば、圧縮性・通気性が高く、暖気を中に閉じ込める高機能素材「POLARTEC(R)High Loft」を使用しているのでご安心を。これなら綺麗めスタイルの方もいけるのでは?

本格的なスペック

normal_98593943-1

MAMMUT – GOBLIN Advanced ML Jacket ¥28,080(税込)

150年以上もの歴史を誇るスイスのアウトドブランド『MAMMUT』のフリースジャケット。素材にはPOLARTEC社のサーマルプロハイロフトを使用しており、軽量で優れた保温性を持っています。

脇には伸縮性に富んだフリース素材が落とし込まれているため、着心地もノンストレス。本格的なスペックかつタウンユースにも使える逸品です。

秀逸な切り替えデザイン

normal_98593943-1

FUJITO – フリースブルゾン ¥21,168(税込)

『FUJITO』のフリースブルゾンは、随所に施された切り替えデザインが特徴的。ボアフリースを内側に採用することで、真冬の凍てつく寒さにも十分耐えうる防寒性を確保。白ベースのカラーリングも、あらゆる色味のパンツやインナーと好相性です。

ジャケットやコートのインナーとして合わせても邪魔にならないデザイン。これは買いでしょう。

とことんタウンユース仕様に

normal_98593943-1

CURLY – CLOUDY BOA SC BLOUSON ¥31,968(税込)

大胆な切り替えを施されたデザインながら、『CURLY』の一着は大人も難なく着られるスッキリ感が魅力的です。タウンユースにもすんなり溶け込む仕上がりで、ぜひとも主役として使いたいところ。

裏地にはナイロン素材を採用しているため、風を通しにくいのも見逃せません。高めに設定されたネック部分は折り返してレギュラーカラーにしてしまうことも可能。

はじめの一着としては申し分のないクオリティのフリースジャケットが揃いましたね。前開きのデザインという特徴をフルに活用して、よりファッションを楽しんでみませんか?

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

ヘリノックスのタクティカルチェア! #ととのいま品
【SHOP BLOG】シェラデザインの当店別注マウンテンパーカーがいよいよリリースです!
もう、折りたたみ傘しか勝たん! #ととのいま品
【SHOP BLOG】Foxfireの今の時期に間違いないナイロンコート!
今週末に読みたい記事【10/12~10/16】
10月に買ってよかったもの〜ステューシーのポロスウェット(編集部・岩崎)〜

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. サコッシュとは。「店員が教える」失敗しないオススメ16ブランド
  4. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで