FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今年は「ミニ財布」と「長財布」どっちを選ぶ?

2018年の一大トレンドとなったミニ財布。

この1年でキャッシュレス化がぐっと進んだおかげで、以前ほど財布の中にカード類を収納しなくても良くなり、”財布のダイエット化”も加速。昨年はミニ財布が一世を風靡したわけですが、やっぱり使っていると長財布にも捨てがたい魅力があるな…なんてことも思ったり。

今年は改めて、ミニ財布だけでなく、長財布も同時にチェックし、本当に自分にあった財布を見つけたいところです。ということで、今回は同じく財布選びに迷っている方に向け、おすすめのミニ財布、長財布を3点ずつご紹介。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

ミニ財布①I ro seのシームレスミニウォレット

normal_98593943-1

I ro se – Seamless Mini Wallet in Black ¥12,960(税込)

『I ro se』のシームレスな折りたたみ財布は、手のひらに収まる程よく小さめのサイズ感で、付属のゴムで括って折りたたむ仕様になっているのがポイント。外観はミニマル、開けるとちょっと和モダン(?)な雰囲気が面白い一品です。カードは収納スペースにまとめて入れるタイプ。5〜6枚は入るので、普通の二つ折り財布と比べても収納力はそこまで変わらないかと。

ミニ財布②PELLE MORBIDAのミニウォレット

normal_98593943-1

PELLE MORBIDA – ミニウォレット ゴートレザー ¥18,360(税込)

ファッションディレクターの干場義雅氏が手がけるバッグブランド『PELLE MORBIDA』のミニウォレットは、折りたたみではなく、縦長という珍しい形を採用。薄く仕上げているため、パンツやバッグのサブポケットの中にも、ちょっと長めのパスケース感覚で忍ばせられるのが魅力。またミニ財布では珍しく、カードを分けて収納できるのも地味に嬉しいですね。

ミニ財布③APTOのインスタントウォレット

normal_98593943-1

APTO – THE INSTANT WALLET ¥20,520(税込)

パリ発の新鋭ブランド『APTO』のザ・インスタントウォレットは、3 in 1というありそうでなかった構造がとにかく秀逸。ベースカバーのスリット(右上)に、薄型カードホルダー(左下)とコインホルダー(左上)が収納されており、シーンに応じて全てを独立して使用できるようにデザイン。まさに一度で三度美味しい、お得感のあるミニ財布です。

長財布①PELLE MORBIDAのストラップZIPウォレット

normal_98593943-1

PELLE MORBIDA – ストラップZIPウォレット ¥35,640(税込)

ミニ財布でも登場した『PELLE MORBIDA』のストラップ付きジップウォレット。スッキリとした薄型のデザインながら、紙幣やカード類だけでなく、パスポートやスマホも入る抜群の収納力を備えた一品です。ついつい領収書を貯めがち…という人でも、大人っぽく使えるのが良いところ。手持ちにも便利なストラップ付きなので、クラッチバッグ的にも使えますよ。

長財布②WHITE HOUSE COXの長財布

normal_98593943-1

WHITE HOUSE COX – 別注 ニューレザー*ブライドルレザー長財布 ¥45,360(税込)

大人レザーウォレットの代名詞でもある『WHITE HOUSE COX』。こちらはブランドお得意の本格派ブライドルレザーに、格子状の型押しを施して仕上げたEDIFICE別注モデル。収納力が高いのはもちろん、表面を型押し加工をしているので、傷などが付きにくいのが特徴です。また、内側にはエクリュ(アイボリー)を配し、バイカラーになっているのも別注ポイント。

長財布③ARUMOのラウンドジップウォレット

normal_98593943-1

ARUMO – ラウンドジップウォレット ¥30,240(税込)

財布の中身を安心安全に収納したいのなら、ラウンドジップを選ぶのが正解。『ARUMO』の長財布は、カードポケットが片側4か所ずつあり(計8か所)、それぞれに紙幣用の大型ポケットがついているため、収納力はバリ高。加えて、ラウンドジップなのでジップさえ閉め忘れなければ、中のものを落とす心配もなしです。

全て革財布なので気になるものがあったら、店頭に行って見て触るべし。もしお店が遠くて行けないという方もご安心を。FACYでは各スタッフにメッセージで質問できるので、ぜひ使い勝手などを聞いてみてください!

iOS/Android

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介