FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「杢グレー」のパイオニア。適正価格のパーカー、スウェット、Tシャツをピックアップ

normal_3f78d061

グレーの真ん中

男性のカットソーやスウェットでベーシックなカラーといえば、ホワイト、ブラックに並んで定番なのはグレー。筆者的にはホワイトの次によく選ぶカラーです。中でも濃淡2色の糸を撚り合せた杢グレーは特に大好物。

その杢グレーに特化したブランドがあると聞けば、紹介せずにはいられません。ブランド名は直球の〈mocT(モクティ)〉。「信頼感、高級感、継続性を適正価格で提供する」として、 約50年前に国内初となる杢糸(グレー杢)を産み出したファクトリーブランドです。

いわばグレーを地で行く同ブランドから展開されるアイテムは、どれもベーシックかつ本物。今回はいますぐ着たい3型をピックアップしました。

1.本当に使えるパーカー

normal_98593943-1

Zip Up Parka ¥16,200(税込)

一般的にはポリエステルを混紡することの多い杢グレーも、同ブランドならコットン100%で表現可能。吊り編み機ならではの柔らかな肌触りも魅力です。本当に使えるグレーのパーカーを探していた方はぜひ。

2.基準をゆったり楽しむTシャツ

normal_98593943-1

Crew Neck Poket T-shirts ¥5,292(税込)

同ブランドが唯一無二な点は、製品のカラーが日本のグレーの基準色としてカラーコードに使われているところ。その「GR7」をシンプルに味わいたいならまずは基本のTシャツから。ゆったりしたルーズフィットなので、トレンド感を演出できるのも◎

3.通年寄り添うスウェット

normal_98593943-1

Long Sleeve Pullover ¥10,584(税込)

起毛してないので、通年で使いやすいクルーネックのプルオーバー。こちらもややゆったりしたサイズ感が今っぽい。フロントのVガゼットがほんのりヴィンテージ風味を醸します。生地から縫製まで日本国内で、この値段なのもポイント高いです。

ひとたび身につければ基準に立つことができる〈mocT〉のアイテム。同じグレーでも何かが違う。その実態を知るのは自分だけ。そんな密かな楽しみを春夏味わってみてはいかがでしょうか。

もし気になるアイテムがあれば〈mocT〉を取り扱う、蔵前WEEKENDER SHOPまで足を運んでみてください。遠方で難しい方は、各リンクからFACYのメッセージ機能を使ってお問い合わせを。もちろんサイズの相談も可能。そのまま購入もOK。

iOS/Android

MORE FOR YOU

センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!
2022年上半期のベストバイ #編集部のラジオ
こんな「キョウト」がほしかった!ビルケンシュトックのジャーナル スタンダード別注モデルを見逃すなかれ。
“ダサかっこいい”が新鮮! 今年こそ着たい半袖シャツ。

RANKING

  1. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  4. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  5. 肌が透けません。セレクトショップから厳選した厚手の白Tシャツ10枚。