FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

FACY編集Sが偏見交じりでランニングアイテムを選びました。

最近、朝ランを始めたのですが、形から入るタイプではないので、かなり粗末な服装で走っています。スウェットパーカーに短パンにフットサルシューズみたいな。

それでも十分ストレスなく走れているんですけど、やっぱりあれやこれやと欲しいものが沸いてくるわけです。アップルウォッチとか。

でもそういう気持ちはきっと僕だけじゃないはず。ということで今回はFACYに参画するショップの中からランニングアイテムをピックアップしました。偏見交じりのアイテムセレクトですので、ご容赦ください。

雨やどりが必要ないパーカー

normal_98593943-1

MAMMUT – Convey Tour HS Hooded JK ¥34,560(税込)

平日の日中にランニングすることはまずない?ので、ある程度の防寒性は担保しておきたいところ。そこでおすすめするのが『MAMMUT』のこちら。

完全防水のゴアテックスと止水ジップを採用しているので、ランニング途中に雨が降ってきても、雨やどりする場所を探す必要はありません。この渋いカラーリングもグッドです。

「ベスト着ればいいじゃん」


normal_98593943-1

LIBERAIDERS – CAMERA VEST ¥25,920(税込)

ランニングは手ぶらがベストだけど、スマホとコインケースぐらいは持ちたい。そんなときに筆者が閃いたのが、「ベスト着ればいいじゃん」。おすすめは、『Liberaiders』 のカメラマンベスト。

ランナー用ではないものの、前述の願望を心よく受け止めてくれるポケットデザインがいい。ただひとつ気になるのが、これ着て走ってたらシャレオツすぎること。

梅雨ランも視野に入るガチもの


normal_98593943-1

US Surplus – ARMY PHYSICAL TRAINING PANTS ¥8,640(税込)

パンツはガチ中のガチです。アイテム名の通り、 アメリカ陸軍でトレーニングウェアとして採用されているナイロンパンツ。1アイテム目の『MAMMUT』との組み合わせで、梅雨ランもできちゃいます。(残るは気力だけ)

ウエストはギュっと詰まったゴムとドローコードで、お着替え楽々。裾にはジップも配されているので、これまたありがたい。

気づいたら10kmスニーカー


normal_98593943-1

HOKA ONE ONE – CLIFTON5 BBRL ¥18,360(税込)

ダッドスニーカーとしての顔も持つ『HOKA ONE ONE』のCLIFTON5ですが、もとはランシューですからね。間違いないです。クッション性の高い同ブランド独自のボリュームミッドソールで抜群の走り心地を味わえます。

さらに、アッパーとミッドソールにはリフレクタープリントが貼られているので、夜ランでのパフォーマンスも高し。「気づいたら10km走ってた」なんてことがあり得る一足ですよ。

最低120円は入れておきたいミニ財布

normal_98593943-1

ROTAR – Minimal short wallet ¥21,600(税込)

これから暖かくなってくると、やっぱり水分補給は大事。最低120円ぐらいはお金を持っておきたいところ。そんなとき、ミニ財布があると便利で仕方がないです。

『ROTAR』のこちらは、手のひらサイズというのに十分なキャパを持っています。おまけにリスシオレザーを使っているので、日常使いとしても上等。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】チェコ軍のカモ柄フィールドコートなら周りとはかぶりません。
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/27~3/05】
【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド