FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

カットソーブランド『CURLY』の手がけたシャツなら、肩肘張らずに着られます。

なんでもかんでもカットソーで作ってしまうCURLY、こんなシャツまで手掛けています。

たっぷりと生地を使ったボックスシルエット、編みものならではのとろんとしたやわらかさに伸びのよさ、こうした要素が組み合わさり、美しいドレープと快適な着心地を生み出しました。

ただ単にカットソー素材をいわゆるシャツの形状に落とし込むのではなく、そのゆったりとした形状や台襟を省くことで一層力の抜けたリラックス感を引き出しています。

やや大振りの胸ポケットは簡単な羽織りものとしての用途も想定しているかのよう。

さっと脱いでロッカーのフックなどに掛けられるよう、背面にはハンガーループが設けられました。

裾はストレートにカットされ、初夏から夏にかけて一番上に纏うものとして使いやすくなっています。

清潔なサックスブルーのストライプですから、どんどん陽射しの強くなるこれからの季節の情景と自然に調和することでしょう。

元記事を読む

Euphonica

Euphonica(ユーフォニカ)は横浜市営地下鉄の仲町台駅からほど近い場所に位置する、小さな洋品店です。
ラグジュアリーとは異なる静謐な上質と、数年程度では旧びることのない永続性を提案していきます。
衣類はメンズ、レディス両方(+若干の子供服)を、その他ナチュラルに日和らないデザイン雑貨等を扱っています。

MORE FOR YOU

通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
  5. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)