FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

シックで本格的。KEEN×ジャーナルのコラボサンダルが気になります

おしゃれな人はワンシーズン先を見越して買い物をすると言いますし、そろそろ夏モノのことを考えてもいい季節。どうせなら、今から身につけても良さそうなサンダルあたりを狙うのが良さそうです。

買うなら、足裏の痛みや靴擦れとは無縁な履き心地はもちろん、デザインももちろんこだわりたい。欲を言えば、人と被らないような一足がいい。そんな方におすすめなのが、アメリカはオレゴン州発、“次世代のフットウェアブランド”とも称される〈KEEN〉が手がける「ユニーク」。

 

アウトドアにもイケる履き心地

「ユニーク」とは、環境に配慮して二本のケーブルソールのみで形成された特殊なサンダル。その高い通気性と、足の形状に合わせて変化するアッパー、足裏の形状に合わせて形成された中敷のおかげで、履き心地はとにかく快適で、おそらくファッション好きよりもアウトドア好きの方が馴染みのある一足です。筆者的には、疲れにくいように踵をしっかりホールドしてくれるところも重要なポイントだったり。

 

コラボならではの“大人”なワンポイント

セレクトショップ「JOURNAL STANDARD」とコラボしたこちらのバージョンは、アッパーの靴紐部分の内側にあるシュータンがスエード素材になった特殊仕様。これにより、革靴のような上品な要素がプラスされた、ハイブリッドな仕上がりです。「スポーツ系のシューズは普段のコーディネートと合わせた時に浮いてしまいそう……」と避けていた方でも安心です。

ちなみに、シュータンの裏側は吸水性の高さと肌触りの良さが特徴のマイクロファイバー素材を使用しているので、スエードでも蒸れる心配はありません。

 

コーデの幅がグンと広がります。

そのまま海や川にもいけるような機能性を備えつつ、都会にもしっかりと馴染んでくれる一足。短パンに合わせるもよし、あえてスラックスと合わせて“ハズし”にしてもよし。靴下を合わせれば、今の時期や秋頃に履くことも可能なので、持っておけば幅広いシーンで重宝してくれます。

「夏になったら買おうかな…」ではなく、ピンときたら今すぐ手に入れるのが吉。アレコレ考えながらコーディネートに取り入れているうちに、夏頃には“自分のモノ”になっているはずです。

JOURNAL STANDARD 福岡店

住所: 福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ 2F
営業時間: 10:00-20:30

MORE FOR YOU

2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド