FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今年はサンダルも”チャンキー”で。『Suicoke』の歴史的なサンダルが気になります


サンダルにも“チャンキー”を求めたい、今シーズン
ここ最近はちょっとゴツいくらいのサンダルが気になる。なぜかといえば、今年よく履いているダッドスニーカーやチャンキースニーカーの延長線上で履きこなせそうだから。そして、ソールにボリュームがあった方が長時間履いても疲れにくそうなのも、もう一つの理由。

そんな気分にベストマッチする一足が〈Suicoke〉の「Moto-Vs」。これが今年マストハブな名作なんです。

 

夏のコーデを適度に引き締めるデザイン


そもそも〈Suicoke〉とは、「本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを作っていく」をコンセプトに掲げた、日本のシューズブランド。そのストイックな姿勢通り、手がけているシューズはデザイン・機能性ともに申し分ありません。

アッパーのメイン素材にはカウスエード、そのライニングには毛穴が大きく通気性のいい豚革を使用。大ぶりなベルクロのベルトと、その上にある二本のストラップで固定するデザインは、ありそうでない存在感を演出しつつ、高いフィット感にも貢献しています。

潔いオールブラックの配色は使い勝手がよく、カジュアルで淡い配色に寄りがちな夏のコーディネートを適度に引き締めてくれます。今年らしい“チャンキー”な気分に寄り添いつつ、そのブームが去っても毎年履き続けたくなるような仕上がり。

 

実は“歴史的”なオリジナルソールを搭載


アウトソールには良質なソールメーカーの代名詞ともいえる老舗・Vibram社オリジナルの「MorFlex」を、足が直接触れる部分であるフットベッドもVibram社と共同で開発したものを使用。そもそもVibram社がフットベッドを開発すること自体が世界初だと聞けば、ある意味でシューズ界の歴史が動いた一足ともいえます。これで履き心地が良くないわけがありませんね。

normal_98593943-1
スポーティなサンダルの中ではやや値が張りますが、足が疲れにくく、飽きも来にくいデザインを考慮すれば、買わない手はありません。本格的にサンダルが欲しくなる前に、サイズ欠けする前に、ぜひどうぞ。

履き心地やサイズ感など気になる点は、ぜひ「Lampa」の遠山氏までメッセージを送ってみてください。通販、店頭受け取りを選択して、そのまま購入することも可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

 

Lampa

住所:東京都杉並区高円寺南4-8-1
営業時間:13:30~19:30

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。