FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

GW明けからの即戦力アイテムを紹介!ビジネスマンに欠かせないマストアイテムとは?

いよいよGW間近となり旅行などの予定が楽しみな方が多いのではないでしょうか?

そんな中、5月の連休が終わるといよいよ仕事が再スタート。

休み明けはモチベーションを上げていくのが中々難しいこの季節。。

今回はそんなGW明けからビジネスシーンにおいて即戦力となるアイテムをピックアップしてご紹介。

機能的セットアップはビズスタイルの大本命

ビジネスシーンでもカジュアル化が進み、ビジネスマンにとってはマストなアイテム。

EDIFICEではベストセラーの「FUNCTION MOBILE」シリーズがおすすめ。

今季らしいグレンチェック柄は、ブルートーンなのでホワイトシャツとの相性抜群です。

Jacket:【EDIFICE】¥26,000+tax
Shirt:【BROOKS BROTHERS EX】¥15,000+tax
Pants:【EDIFICE】¥14,000+tax
Shoes:【EDIFICE】¥28,000+tax
Bag:【LANZZO】¥47,000+tax

シワになりづらく吸水速乾、軽量、ストレッチ性があるのでクールビズにもぴったりなアイテム。

さらにウォッシャブル仕様となっており、イージーケアも魅力の一つ。

ジャケットには、付属に収納袋が付きランドリーバックとしても活用出来ます。

【OFFスタイル】

お休みの日にはカットソーとスニーカーで軽快に着こなしてみてはいかがですか?

Jacket:【EDIFICE】¥26,000+tax
Inner:【EDIFICE】¥6,500+tax
Pants:【EDIFICE】¥14,000+tax
Shoes:【HOKA ONEONE】¥17,000+tax
Bag:【Are】¥16,000+tax

新感覚な着心地のブルックス ブラザーズのB.Dシャツ

約2世紀の歴史を誇るアメリカンクラシックのブランド【BROOKS BROTHERS】のPerformance Series。

ジャージー素材かつしっとりとした肌触りがとても着やすい一着。

EDIFICEエクスクルーシブモデルは胸元が爽やかなフレンチブルーに。

白シャツ一枚で様になる一着としておすすめです。

Shirt:【BROOKS BROTHERS EX】¥15,000+tax

衿型で決まるポロシャツ選び

EDIFICEでは不動の人気を誇る初夏のアイテム【COOLMAX カノコ カッタウェイ ポロシャツ】。

襟型が立体的で一枚でスマートな胸元を演出。

凹凸のある織柄がとても雰囲気があり、夏場の暑い時季にはぴったりです。

Inner:【EDIFICE】¥9,500+tax

Jacket:【EDIFICE】¥35,000+tax
Inner:【EDIFICE】¥9,500+tax
Pants:【EDIFICE】¥16,000+tax
Shoes:【EDIFICE】¥28,000+tax
Bag:【PELLE MORBIDA EX】¥45,000+tax

小物選びで差をつけるビジカジスタイル

ダイヤルに白蝶貝を採用した神秘的なデザインは、清涼感のあるクールビズのスタイルにぴったり。

軽装なスタイリングになるこれからの時季は、小物でバランスを取るのがおすすめ。

Watch:【SEIKO EX】¥50,000+tax

GW明けから好スタートが切れるように、是非お休みの間にEDIFICEで準備を始めてみてはいかがでしょうか?

皆様のご来店お待ちしております。

元記事を読む

EDIFICE LA BOUCLE (NEWoMan新宿店)

あたらしい時代を生きる、すべてのあたらしい男性・女性のために。

MORE FOR YOU

究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)

RANKING

  1. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド