FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ネクストトレンドはこれ。『Salomon』のリカバリーサンダルに注目です


“ネクスト・ホカ オネオネ”の座は誰の手に?

ふと思い、過去のFACYの記事を見ていたら、「業界関係者も注目するスニーカー、『HOKA ONEONE』が驚異の履き心地です。」という記事に辿り着きました。ざっくりいえば「定番のシューズブランドもいいけど、ショップスタッフの間で最近話題の『HOKA ONEONE』もいいよ」という内容。これは一年以上前のトピックなのですが、今になればそのホカオネオネがむしろ“定番”と呼ばれているので、その時代の移り変わりの早さに驚いたわけです。

となれば気になるのは「次のホカオネオネ的存在は何?」ということですが、ショップスタッフによると、〈Salomon〉がじわじわ来ているそう。特にサンダル「RX BREAK」シリーズについては、同じく人気なホカオネオネのサンダルよりも支持する方が多いんだとか。ちょうどサンダルが気になり始めたこの頃、ぜひチェックしてみましょう。

今気になる、機能性偏重なルックス


〈Salomon〉は、1947年から続くフランスのアウトドアブランド。本格的なスキーグッズやマウンテンスポーツ用品を手がけていることで有名です。そんな〈Salomon〉が手がけるシューズは、アウトドアの実用性を最優先した、いい意味で洒落っ気のないデザインが特徴。これがダッドシューズやチャンキーシューズといった、“いなたい”デザインを好む最近の風潮にマッチするんですね。

こちらのサンダル「RX BREAK 4.0」も例に漏れず、本格派な造り。分厚くてふかふかのミッドソールや、摩擦を防ぐアッパーを備えていて、「全米足病学医師協会」の認定をサンダルで初めて受けたというお墨付きの履き心地。

あくまでビーサン感覚で履きたい


ランナーがレース後に足を休める時に履く「リカバリーサンダル」としての機能を果たしつつ、デザインはシンプルなので、街で履くならビーサン感覚。配色もモノトーンなので合わせるアイテムを選ばず、使い勝手は申し分ありません。今サンダルを探している方は、〈Salomon〉を候補に入れてみてください。

気になる方は、下記リンクからEDIFICE TOKYOのスタッフにお問い合わせを。

EDIFICE TOKYO(渋谷店)

住所:東京都渋谷区神宮前6-23-3
営業時間:11:30~21:00

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。