FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

着こなし自由自在。服好きを満足させる名作アノラックをピック!

気軽に着れる個性派アウター

ある程度ファッションを知ってくると、見たことのないシルエットだったり、ユニークな柄があったりといった、人とは違う服が欲しくなってくるもの。とはいえ、そういった服は往々にして着こなしが難しい。それを攻略するのが一つの楽しみではありますが、気軽に着られないのはやはりもどかしくもあり…。

服好きなら誰でも陥るであろうそんな悩みを見事に解決してくれる逸品を、『JOURNAL STANDARD』福岡店のスタッフがおすすめしてくれました。

 

ロング丈が新鮮なアノラック

normal_98593943-1
プルオーバータイプで、フード付きのアウトドアジャケット。とだけ聞くと単なるアノラックパーカーですが、こちらはひざ上を覆うほど丈が長いのが特徴。ヴィンテージのミリタリーウェアに稀に見られるディテールながら「プルオーバーでロング丈」というバランス感覚は今見ると新鮮。着るだけで着こなしのアクセントとなってくれます。


手がけるのは、日本発の人気ブランド〈KAPTAIN SUNSHINE〉と、オーセンティックなマウンテンパーカーの原型を作った、1965年生まれのブランド〈SIERRA DESIGNS〉。ヘリテージなブランドに敬意を払い、こだわり抜いた生産背景でそれをアップデートする KAPTAIN SUNSHINE らしく、思わずニヤリとしてしまうようなディテールが随所に見られます。

 

着丈まで変えられる!圧倒的な機能美


最大の魅力は、着丈を短く変形させて、オーソドックスなアノラックパーカーとしても着用できる点。個性重視のロング丈か、合わせやすさ重視のショート丈か、その日の気分で選べるので、先述した“二者択一”の悩みとはもう無縁です。

素材には、ストレッチ性と形態安定性に優れた特殊素材「ソロテックス(R)」 を採用。動きやすく、シワにもなりにくいので、アウターの着脱が増えるこれからの時期でも安心。洗濯だってできちゃいます。


抜いだ後は、フロントポケットに本体をしまいこんで、サコッシュのように持ち運ぶことも可能。夜から肌寒くなる、なんて日にはTシャツの上から身につけておけばOK。

デザインの面白みに加えて、機能性も高く、パッカブル。まさにファッションアイテムとして非の打ち所のない1着です。日頃のコーディネートがマンネリ化してきた方はぜひご検討あれ。

JOURNAL STANDARD 福岡店
住所:福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ 2F
営業時間:10:00~20:30

MORE FOR YOU

アウターを脱いでもだらしなくないセントジェームス(SAINT JAMES)のカットソー
究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方

RANKING

  1. 究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。