FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

梅雨時期にあると便利!撥水加工付きのコーチジャケットはいかが?

Tシャツやショーツばかりに目が行く時期ですが、気づけば梅雨もすぐそこ。連日の雨対策のために、軽く羽織れるライトアウターを持っておくと便利です。今回はサッと羽織れて、サッと仕舞える、撥水加工付きのコーチジャケットをご紹介。ショップスタッフたちのオススメをぜひご覧ください。

1.Ccp

normal_98593943-1

Ccp – コーチジャケット ¥23,760(税込)

スポーツブランドのコーチジャケットは子どもっぽくて…という人には、『Ccp』がオススメ。ナイロンながらマットな光沢に、ナチュラルでソフトな風合いのあるナイロンタッサー地を使用しており、スポーティーな雰囲気が軽減されているのがポイントです。

また、撥水性、防風性にも優れているのはもちろん、ジャケット内側の左脇に付いたタブのおかげで着用しないときには斜め掛けにすることもできるのも◎ 他にもジャケットの背中上部からモノを入れられるなど、機能的なディテールが盛りだくさん。上品で機能的なコーチジャケットが欲しいなら、コレを狙うべしです。

2.CURLY

normal_98593943-1

CURLY – Delight Coach Jacket with Rain Delight ¥20,952(税込)

大人気カットソーブランド『CURLY』のコーチジャケットは、コットンながら特殊な加工により半永久的(!)に疎水効果が持続するという、驚きのアイテム。生地自体はドライでハリのある質感なので、暑い時期でもさらりと羽織れるのが嬉しいです。

シャツとジャケットの中間のようなシンプルなデザインも大人っぽくて良し。白コーチは汚れが気になりますが、撥水加工のものなら安心して使えますね。

3.cobachi

normal_98593943-1

cobachi – CNNN フードコーチジャケット ¥18,900(税込)

少しウィットに富んだものが欲しいなら、アメリカのTV局<CNN>のロゴをサンプリングした『cobachi』のフードコーチジャケットはいかがでしょう?

生地はナイロン100%で、弱撥水コーティングあり。もちろん防風効果もあるため、これからの梅雨時期に活躍すること間違いなし。また、コーチジャケットでは少し珍しいフード付きというのも面白いですね。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。