FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

そろそろ気になるアロハシャツ。狙い目は、“王道ブランドの別注モノ”です。

夏コーデの準備は、アロハシャツから

このまま梅雨に突入してしまいそうな勢いで肌寒い日が続きますが、着実に日差しは眩しくなり、夏の気配も感じられるようになってきました。筆者的には、そんな“夏に到達するかしないか”の微妙な時期こそ、来たる夏の着こなしについて考えてみたくなります。

そんなわけで、夏に着たいアイテムはあるかなと探していた今日このごろ。気になるのはやはり、アロハシャツ。

ベタではありますが、襟付きなのにカジュアル過ぎないあのバランスが、ロンTやビッグパーカーといったラフな’90年代回帰スタイルにやや食傷気味な今の感覚にぴったりです。買うなら、「ゴテゴテ過ぎず、適度に街着としても着やすいもの」。「サイズは今っぽくゆったりめ」。と、条件を絞っていくうちに、ドンピシャな逸品を『EDIFICE』で見つけました。

 

王道ブランドのアロハシャツを、モダナイズ


1982年にスタートし、今ではヴィンテージも見かける機会も増えたハワイアンウェアブランド〈TWO PALMS〉。『EDFICE』が別注したこちらのアロハシャツは、何よりもシックな柄の表現が魅力です。

柄のモチーフはパイナップルやハイビスカスなど、オーソドックスなものが中心。ですが、縫製後にボディを染め上げる「製品染め」を施しているため、その色味は淡く控えめです。

ボディのカラーもネイビーやブラックなど落ち着いた色味を採用しているので、グッと大人らしく都会的な面持ちに。これなら、「アロハシャツってちょっとワルっぽくて…」と悩んでいた方でも安心です。

 

素材も生産地も“ホンモノ”です


ボディの生地には伝統的なアロハシャツと同じレーヨンを採用しており、その仕上がりも本格的。別注ならではの広い身幅も相まって、テロっと綺麗に肩が落ちてくれます。

TシャツやロンTの上から羽織るのもいいですが、これならハイウエストのスラックスにタックインするのもおすすめ。肩の綺麗な落ち具合を程よく強調できますよ。

 

色は計4色



モダンで都会的なスタイルを提案する『EDFICE』らしいこだわりを十二分に詰め込みつつ、しっかりメイドイン・ハワイを貫いているのも、グッとくるポイント。なんてったってハワイでは正装にもなるデイリーアイテムですから、来年以降も長く活躍してくれることは請け合いです。

EDIFICE 天神イムズ店
住所:福岡県福岡市中央区天神1-7-11 天神 イムズ 1F
営業時間:10:00~20:00

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド