FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

大人のレザーサンダル。ショップ店員のオススメ3選

「今年の夏のオススメサンダルを教えて下さい。(hideki okadaさん / 39歳 / 男性)」

そろそろサンダルを履き始めても違和感のないシーズン。海開き、山開きには決まった日にちがありますが、“サンダル開き”は少し前倒しくらいがいい。

ただ、サンダルの難点は時にラフに見えすぎてしまうこと。アイテムの性質上、仕方ないですが、いい大人が履くのであればたちまちシックな印象になるレザーも選択肢に入れましょう。

ということで、今回はショップスタッフのオススメをチェックしていきましょう。

革靴感覚で使えるサンダル

JALAN SRIWIJAYA – グルカサンダル「Grain Leather Black」 ¥36,720(税込)

「サンダル感が出すぎるのは抵抗がある」。そんな方はグルカサンダルがオススメ。かっちりした革靴の雰囲気を色濃く残しているゆえ、いい大人も難なく取り入れられます。

真摯な革靴作りに定評がある『JALAN SRIWIJAYA』らしく、製法はハンドウェルテッド・グッドイヤー。つまり、ソールが交換可能。サンダルとはいえ、長く履き続けられるのはうれしいポイントです。ソックス合わせも違和感がないので、サンダルを素足で履きたくないなんて方もぜひ。

リラックスしつつも大人感はキープ

normal_98593943-1

BRAND X – CANCUN ¥13,500(税込)

もう少しラフでサンダルらしいものが好みであれば、『BRAND X』のワラチサンダルはどうでしょう。 そもそもワラチサンダルとは、メキシコで親しまれている伝統的な履き物。ナイキのエアウーブンやエアハラチの参照元とも言われています。

レザーアッパーながらかしこまり過ぎず、どこか素朴な雰囲気。そのままラフにデニム、軍パンに合わせてもいいし、キレイめスラックスのハズシとしてもよさそう。「幅広いパンツに合わせられます」とショップスタッフが力説するのも納得です。

レザーサンダルの到達点

normal_98593943-1

JUTTA NEUMANN – HERMES with Birkenstock sole ¥46,000(税込)

「一足を長く使い続けたい」方は、ぜひ候補に入れてみるべき『JUTTA NEUMANN』。愛用者は異口同音にエイジングの魅力を語ります。革が馴染むまでのプロセスごと楽しんでしまえるなら、試す価値アリ。

アウトソールには、矯正靴としてのルーツを持つビルケンシュトックのものを採用しています。アーチサポートの役割を果たす、土踏まず部の盛り上がりの設計もビルケン的。デザインと履き心地が両輪となった至高のサンダル。ビルケン愛用者の方は、次の一足として狙ってみるのもオススメですよ。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに