FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

いつもより大人っぽい。レザー仕様の『Chaco』がいい感じです。

今回は、おすすめのサンダルをご紹介させて頂きます。

CHACO

チャコ社は1988年、マークペイガンによってコロラド州パオニアで設立されました。

マークは、1970年代後半から1980年代にかけて、北カリフォルニアのカスタムシューズメーカーで働いていました。

その後コロラドに移り住み地元のリバーガイドとして働いていましたが、その当時に売られていたアウトドアスポーツ向けのフットウエアに満足していなかった彼は靴職人だった経験と知識を生かし、自分でサンダルを作ることを決意。そしてチャコがスタートしました。

CHACO – WAYFARER ¥12,960(税込)

今回ご紹介するモデルは、スポーティーな通常のチャコとは違い、レザー素材を仕様したモデルのWAYFARER。

代表的なZシリーズにプレミアムなフルグレインレザーを採用。

非常に高いグリップ力、トラクション性を誇るソールを備え、街履きはもちろんちょっとしたアウトドアにも対応可能になります。

ベルト部分だけではなく、CHACOお馴染みのフットベットも本革製ですので、柔らかく履き心地も抜群です。

アウトソールも独自開発のCHACO GRIPソール。従来のソールと比較してトラクション性とグリップ性といった性能が大幅に向上しています。

CHACOのサンダルは、足を専門とする整形外科医の協力を得て、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けており、指先、甲を固定するルーズストラップを採用しており激しい環境化でも安定感を発揮します。

流行に左右されないシンプルで機能的なフットウエアを提案し続け、定評のあるアウトドアブランドになります。

そして、福岡店にはCHACOのサンダル以外にも豊富にサンダルのご用意をしております。

KEEN

TEVA

SUICOKE

ISLAND SLIPPER

いかがでしょうか。

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

元記事を読む

JOURNAL STANDARD 福岡店

スタンダードなオリジナルアイテムと国内外の旬なブランドをミックスした独自のセレクトで、カテゴリーに捉われないグローバルな商品と情報を提案、提供します。常に世界のトレンドやニュースを取り入れたアイテム(JOURNAL)とベーシックアイテム(STANDARD)をミックスし“今”を表現するショップです。

MORE FOR YOU

20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品
【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド