FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

大人こそ清潔感を。ショップ店員が選ぶ「ジーンズに合う」白シャツ3選

「ジーンズに合う白シャツ (す さん/愛知県)」

襟付きの白シャツと言えば、メンズの定番アイテム。ラフなジーンズに合わせても清潔感をキープしてくれるのは、他のアイテムにはない大きなメリットです。

さて、大人のオシャレと言えば、まずは清潔感があってこそ成り立つもの。しっかり攻略しておきましょう。さらっとジーンズに合わせてサマになる白シャツとは? 3品をピックアップしました。

迷った時は「完璧なボタンダウンシャツ」を

normal_98593943-1

HAND ROOM – BDシャツ ¥17,280(税込)

「完璧なシルエットのボタンダウンシャツ」 提案スタッフがそう言い切るのは、『HAND ROOM』の一枚。ディレクターの岡田氏が何度もパターンを引き直して完成した自信作です。

もちろん、生地にも妥協はありません。上質な米国産ピマ・コットンを惜しげもなく使った生地なら、洗濯時にできるシワさえもサマになる。洗いざらしでラフにデニムに合わせても、シルエットがいいのでだらしなく見えません。ディテールもとにかく凝った一枚。詳細は商品ページにて。

今旬の開襟シャツもホワイトで

normal_98593943-1

ネガティブデニム – open collar s/s shirts ¥19,440(税込)

「ボタンダウンシャツよりもう少しラフなシャツがいい」のであれば、今旬な開襟シャツタイプの一枚にも注目すべし。ザ・アメカジな印象になりやすい開襟シャツも、ホワイトのカラーリングなら爽やかで着回しやすい。

ハリ感のある高密度のタイプライター生地も春夏らしく軽やかな印象です。ややゆとりのあるボックスシルエットも今っぽい。そもそも『negative denim』はその名のとおり、岡山県児島からデニムの可能性を追求し続けるブランド。ジーンズに合わない訳がありません。

やっぱりワンポイントほしいなら

ROTAR – Work pocket B.D shirt ¥14,040(税込)

素材とシルエットがよければ、白シャツにブランドロゴは必要ありません。とはいえ、「無地はちょっとさみしい」。そんな方は『ROTAR』の白シャツはどうでしょう?

ト音記号の胸刺繍がかわいいだけでなく、ヴィンテージのワークシャツを模した山型のポケット、通称“山ポケ”もいい感じ。ポリエステル混でシワもできにくいので、「やっぱりシャツのシワは気になる」なんて方にもオススメかと。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】チェコ軍のカモ柄フィールドコートなら周りとはかぶりません。
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/27~3/05】
【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド