FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

夏のストライプで肝心なのはピッチ「幅」。STILL BY HANDのパンツが理想的です


夏にあうストライプパンツはないですか?(koziさん)

夏になると無性に欲しくなる、爽やかなストライプ柄。取り入れるとすればシャツが最もポピュラーですが、ここは意外性を狙って、パンツで取り入れるのもあり。とはいえ、ストライプ柄はパンツにあしらわれた途端、どこか“下着っぽさ”やキャラクター感のあるヴィジュアルになってしまうのも事実。シャツよりも細心の注意を払って選ばないと後悔するのは必至です。

そんなとき、まず候補に入れたいのが、大阪のセレクトショップ『raff』に並ぶこんな逸品。失敗することのない正解例としてチェックしてみましょう。

 

鉄則は「ピッチが細く、美シルエット」


〈STILL BY HAND〉が手がけたパンツ。ところで、ストライプ柄に特有のキャラクター感が出てしまうときは、ストライプ柄のピッチ(太さ)が太すぎることが原因。柄の主張が前面に出過ぎて、ややクドい印象を生んでしまうわけです。その点こちらのストライプは適度なピッチの細さ。ピッチをランダムな太さに設定することで、適度に遊び心ある佇まいに仕上がっているのも、注目したいポイント。

シルエットには緩やかなテーパードをかけ、前面にはピシッとセンタープレスを入れることで、立体的かつドレッシーな印象に。リラックス感と、気品をどちらも兼ね備えた佇まいに、脚を通せばきっと驚くはずです。国内生産で、シンプルかつ洗練されたデザインのウェアを手がける〈STILL BY HAND〉らしい、妥協のない一本。

 

「暑さ」がネックの方でも安心。

素材にリネンを混紡することで、さらりとした清涼感のある穿き心地も確保しました。「今から長ズボンを買うのはちょっと……」と心配していた方でも挑戦しやすい穿き心地。夏はショーツ派の方でもいけちゃいます。

カジュアルに無地のTシャツを合わせるもよし、大人らしくドレスシャツを合わせるもよし。いつものコーディネートに取り入れるだけで、爽やかで捻りのあるスタイルが出来上がりますよ。夏のコーディネートにお悩みの方、ぜひご検討あれ。

raff
住所:大阪市北区中崎西1-8-1
営業時間:13:00〜20:00

MORE FOR YOU

いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品
【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド