FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

コスパが良い!アンダー6,000円で手に入るタフな無地T


「Tシャツでコスパが良くてヨレないのを探しています (じゅたおさん)」

夏場、Tシャツは何枚あっても困らない。ただ正確に言えば、それは“気に入っているTシャツなら”という前提ありき。週の前半にお気に入りを着てしまって、後半は着たいTシャツに事欠く筆者としても、お気に入りTの補強は急務(洗濯も急務)。

ただ、いくら気に入ったとしても、出せる御足には限りがあるもの。Tシャツならだいたい6,000円くらい? 今回はシンプルに着れて、トレンド性もある無地Tシャツに絞ってみました。アパレルのプロのオススメはいかに?

着応えあるTシャツの急先鋒

normal_98593943-1

CAMBER – FINEST POCKET T-SHIRTS ¥5,400(税込)

へたれないタフな生地に重きをおくのであれば、筆頭に挙げたいのが『CAMBER』です。筆者も愛用していますが、ちょっとの着用と洗濯ではびくともしない、なんとも「着応えがある」Tシャツ。

同ブランドといえば、生地や細部のパーツに至るまで、すべてアメリカ生産にこだわる稀有なブランド。洗濯を繰り返しても長く愛用できる一枚としてぜひお手元にどうぞ。鮮やかなイエロー、オレンジのカラバリも“ご機嫌”なので、そちらもチェックを。

厚みがありつつ着心地はふんわり

SPINNER BAIT – ミニ裏毛半袖Tシャツ ¥5,940(税込)

『CAMBER』がアメリカ的な“剛”の要素が強い一枚だとすると、『SPINNER BAIT』は日本的な“柔”を感じる一枚とでも言おうか。その秘密は生地の裏にあります。

ミニ裏毛と呼ばれるループ状の生地は肌当たりがよく、ほどよい厚みがある生地ながら、着心地はあくまでふんわり。提案スタッフ曰く、スウェットから重さを取り除いたような生地なんだとか。厚みがあるので、ヨレにくいのもポイントです。全5カラーと色展開も豊富ゆえお好みをお探しあれ。

上質な生地とキレイな色味で勝負アリ

BRIO – ブリオ 別注 Tシャツ ¥6,264(税込)

アメリカ、日本ときて、トリを飾るのはイタリア製のTシャツ。6,000円ちょい超えですが、そこは何卒ご容赦を。「自然体でありながらもエレガント」。そんな魅力があるのがEDIFICEが『BRIO』に別注した一枚です。

イタリア製の光沢感のある生地は、滑らかな肌触りだけでなく、高級感も漂うのがポイント。つまり一枚着はもちろん、キレイめなセットアップなどのインナーにも違和感なく使いやすいということ。全5カラーのうち、ベーシックなホワイト、ブラック、ネイビーはもちろんですが、特にすばらしいのがブラウンやグリーン。好みのカラーが見つかるはずです。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今シーズンはアシックスが気になる! #編集部のラジオ
ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
アダムエロペ別注の〈ワイルドシングス〉。あのデナリジャケットが隙なしの仕上がりです。
半年探して見つけたオールドスケシュー。〈adidas〉のTHE GONZALES 2 #今週の一足
キネティックなアークテリクスの中綿ベスト
車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  4. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。
  5. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選