FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

暑い夏でも快適に過ごせる「さらっとしたシャツ」3枚

高温多湿な日本の夏を少しでも快適に過ごしたいなら、シャツはさらっとした肌触りのものを選ぶべし。

1.TATAMIZEのプルオーバーシャツ

normal_98593943-1

TATAMIZE – ハーフスリーブP/Oシャツ ¥20,304(税込)

『TATAMIZE』の定番プルオーバーシャツは、さらりとした麻・レーヨン素材を採用した一枚。麻シャツはナチュラルに寄り過ぎることも多々ですが、こちらは身幅ゆったりのドロップショルダーで今っぽい雰囲気です。また、ネックが少し下がっているため、余裕でボタンを上まで留められるのも◎

2.EDIFICEのレーヨンシャツ

normal_98593943-1

EDIFICE – コンパクトレーヨン ダブルポケット ショートスリーブ シャツ ¥10,800(税込)

とろみ感が上品な印象を与えてくれる『EDIFICE』のレーヨンシャツ。ボディには通常のレーヨンよりもシワになりにくい“レーヨンローン”素材を採用。気がねなく洗えるので、清潔感を保ちやすいのも地味に嬉しい。すっきりとしたシルエットは、オーバーサイズが苦手な人にもオススメです。

3.JOURNAL STANDARDのオープンカラーシャツ

normal_98593943-1

JOURNAL STANDARD – Andyトリアセテート オープンカラーシャツ ¥9,720(税込)→¥5,832(税込)

シルクのような光沢感が魅力の『JOURNAL STANDARD』のオープンカラーシャツ。トリアセテート×綿の生地を用いており、テロっと光沢感のある仕上がりが特徴。ほどよく余裕のあるリラックスシルエットなので、夏場の羽織りにはもってこいです。セール価格になっている今が買い時ですよ!

セールアイテムが続々登場中!FACYでアイテム購入はこちらから

MORE FOR YOU

今シーズンはアシックスが気になる! #編集部のラジオ
ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
アダムエロペ別注の〈ワイルドシングス〉。あのデナリジャケットが隙なしの仕上がりです。
半年探して見つけたオールドスケシュー。〈adidas〉のTHE GONZALES 2 #今週の一足
キネティックなアークテリクスの中綿ベスト
車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目

RANKING

  1. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
  5. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。